FiscoNews

【注目トピックス 日本株】Jリース Research Memo(6):利益成長により財務基盤の強化が進む。自己資本比率で約40%に到達

*16:06JST Jリース Research Memo(6):利益成長により財務基盤の強化が進む。自己資本比率で約40%に到達
■業績動向

2. 財務状況と経営指標
ジェイリース<7187>の2024年3月期末の総資産は前期末比1,830百万円増の11,586百万円となった。うち流動資産は同1,688百万円増の9,373百万円であり、主な要因は、代位弁済立替金の増加1,170百万円、未収保証料の増加363百万円、収納代行立替金の増加302百万円などである。固定資産は同141百万円増の2,212百万円であり、主な要因は投資その他の資産の増加である。

負債合計は前期末比663百万円増の6,959百万円となった。うち流動負債は同690百万円増の6,817百万円であり、主な要因は前受金の増加401百万円などである。固定負債はほぼ変わらなかった。有利子負債残高は、同144百万円減の1,267百万円と抑制されている。

経営指標では、自己資本比率が39.9%(前期末は35.5%)、流動比率が137.5%(前期末は125.4%)と安全性の改善が著しい。ROE(自己資本当期純利益率)が44.3%(前期は57.2%)、ROA(総資産経営利益率)が24.5%(前期は26.5%)と効率性・収益性の高さも注目に値する。安定成長しながら収益を拡大しており、今後もさらに財務基盤が強化されるだろう。なお、新たな3ヶ年経営計画では、自己資本比率で50%以上、ROEで20~35%程度、それぞれ確保することが示された。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)

<AS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。