FiscoNews

【注目トピックス 日本株】Jリース Research Memo(5):2024年3月期は過去最高の売上高・営業利益を達成

*16:05JST Jリース Research Memo(5):2024年3月期は過去最高の売上高・営業利益を達成
■業績動向

1. 2024年3月期の業績概要
ジェイリース<7187>の2024年3月期の業績は、売上高で前期比20.6%増の13,220百万円、営業利益で同5.8%増の2,606百万円、経常利益で同5.9%増の2,611百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同7.3%増の1,789百万円となり、過去最高の売上高・営業利益を達成した。

売上面では、首都圏への人的戦力投入や、アライアンスなどの各種戦略、上期のプロモーション投資の効果などが売上成長を牽引した。主力の住居用賃料保証は、前期比19.6%増と高い増収率となった。外部環境は、賃貸不動産業界における入居需要が底堅く推移しているほか、少子高齢化や晩婚化の進行による単身世帯の増加、賃料債務保証利用率(現状75%程度)の堅調な伸びにより良好である。こうした状況のなか出店エリアでの顧客の囲い込み、地域密着営業による細やかなニーズへの対応などが奏功し増収につながった。相対的にシェアの低い大都市エリア(1都3県、愛知県、大阪府)への注力や(一社)全国不動産協会をはじめとする外部企業・団体との提携による営業ネットワークの拡充も成長に寄与した。事業用賃料保証は、前期比23.9%の成長となった。事業用賃貸借契約における保証利用率は21%程度と低く、貸主のリスク回避意識の高まりなどを背景に拡大余地が大きい。同社では、市場規模の大きい首都圏での営業に一段と注力したことで、市場を超える成長を達成した。

営業利益は前期比141百万円の増加、営業利益率は19.7%(前期比2.8ポイント低下)となった。上期に戦略投資318百万円(TVCMなどの広告投資168百万円、人件費ベースアップ及び人員増150百万円)があったものの、AIを活用した与信審査モデルの構築、入居者に寄り添った債権管理業務などリスクコントロールに取り組み効率化を進めた結果、増益となった。経営指標では、代位弁済立替金残高が前期比1,150百万円増加したものの、主に入居者への未督促分(回収可能性が相対的に高い)が増加したものであり、債権の質は向上している。代位弁済発生率は6.1%(計画は6.2%、前期は5.8%)とリスクコントロールはできている。また、代位弁済回収率が97.1%(計画は97.0%、前期は97.6%)と高い水準にあることから、債権の質が維持・向上し、債権管理業務が効率的に行われていると言える。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)

<AS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。