FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】東証グロース市場250指数先物概況:堅調も高値圏では利益確定売り

*16:10JST 東証グロース市場250指数先物概況:堅調も高値圏では利益確定売り
7月11日の東証グロース市場250指数先物は前営業日比4pt高の653pt。なお、高値は655pt、安値は643pt、日中取引高は8265枚。前日10日の米国市場のダウ平均は反発。
パウエルFRB議長の上院での議会証言を受けた利下げ期待に、寄り付き後、上昇。議長が下院での証言でも時期を明確化しなかったものの、利下げの条件が整いつつあることを示唆したため相場は終日堅調に推移し、終盤にかけ上げ幅を拡大した。ナスダックはアップルやエヌビディアの上昇も支援し、7日連続で過去最高値を更新した。本日の東証グロース市場250指数先物は、前営業日比3 pt高の652ptからスタートした。朝方は弱含む場面があったものの、その後は切り返し、後場にかけて堅調な値動きとなった。日経平均株価が連日で史上最高値を更新する中、投資マインドの改善により新興市場も買いが優勢となる一方、今晩米国で米消費者物価コア指数や前週分新規失業保険申請件数を控えていることもあり、655pt処では利益確定売りが目立った。未だレンジを上放れていないなど東証プライムとの温度差を残しつつ、653ptで取引を終了した。東証グロ-ス市場の主力株では、QPS研究所<5595>やTKP<3479>などが上昇した。

<SK>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。