FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】連日の高値更新で初の42000円台乗せ【クロージング】

*16:19JST 連日の高値更新で初の42000円台乗せ【クロージング】
11日の日経平均は3日続伸。392.03円高の42224.02円(出来高概算18億株)と、連日で史上最高値を更新し、初めて42000円台に乗せた。10日の米国市場ではパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を受けて9月の利下げに対する期待感が高まり、主要株価指数が上昇した。特にハイテク株主導の上昇だったこともあり、東京市場でも値がさハイテク株中心に買いが先行。日経平均は寄り付き直後には42426.77円まで上げ幅を広げた。その後は過熱感から利益を確定させる動きとなり、こう着感が強まったものの、42000円を上回っての推移が続いた。

東証プライムの騰落銘柄は、値上がり銘柄数が1200を超え、全体の7割超を占めた。セクター別では、鉱業、パルプ紙、金属製品、医薬品、建設など29業種が上昇。一方、保険、証券商品先物、海運、銀行の4業種が下落した。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、ソフトバンクG<9984>、ソニーG<6758>が堅調だった半面、アドバンテス<6857>、テルモ<4543>、富士フイルム<4901>、東京海上<8766>が軟調だった。

前日の米国市場の流れを受けて買いが先行して始まったが、さすがに節目の42000円まで一気に駆け上がったこともあり、過熱感は警戒されやすいところであろう。また、11日の米国市場では6月の消費者物価指数(CPI)の発表を控えていることも、手控え要因につながったと考えられる。とはいえ、日経平均株価は42000円を上回っての推移を続けており、押し目待ち狙いの買い意欲は強いと考えられる。明日はCPIの結果を受けた米国市場の動向に加えて、オプションSQに絡んだ売買の影響を受けやすいだろう。

利食いが強まる局面においては、押し目買いの好機になりそうである。週末要因のほか、国内では3連休に入ることもあり、国内勢は積極的な売買を手控える一方で、海外勢による日本株買いの動きが強まる展開も期待されそうである。日経平均株価はボリンジャーバンドの+2σを支持線とした強いトレンドを継続しているが、+2σは4万1910円辺りに位置しており、同水準に接近する場面では押し目買いに向かわせそうだ。

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。