マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】トーカイ—17/3期3Qは診療報酬改定の影響続くが、病院関連事業や介護用品レンタル等が好調で増益、通期予想は据置き

2017年2月7日 17:29

トーカイ<9729>は2月3日、2017年3月期第3四半期(16年4月-16年12月)決算を発表。売上高が前年同期比0.1%減の782.22億円、営業利益が同5.8%増の56.12億円、経常利益が同5.9%増の57.90億円、当期純利益が同2.8%増の38.54億円だった。

同社の主要事業が属するヘルスケア事業は、高齢者人口の増加を背景に、市場は拡大傾向にあるが、参入事業者も多く、地域での競合や価格競争の激化などが発生している。また、2016年4月に実施された診療報酬改定は、特に「調剤サービス」を中心に大きな事業環境の変化を起こしている。

コアセグメントである「健康生活サービス」は医療機関からのアウトソーシングを請け負う病院関連事業及び、介護用品のレンタルを行うシルバー事業においてレンタル売上が堅調に推移したことから前年同期比2.9%の増収。利益面では、営業力強化のための人件費の増加はあるものの、売上増加に伴う利益増に加え、レンタル資材費の発生時期のずれ及び減少、 燃料価格下落に伴う工場燃料費の減少などにより、前年同期比23.6%の増益となった。

「環境サービス」についても、当期より太陽光事業を扱う連結対象子会社が1社増加したことなどから前年同期比2.3%の増収。利益面では、増収要因に加え、リースキン事業におけるレンタル資材費の減少等により、前年同期比53.7%の増益となった。

一方、「調剤サービス」は、店舗の新規出店効果はあるものの、薬価の引き下げ等診療報酬改定の影響により、前年同期比4.4%の減収、同21.2%の減益となった。

17年3月通期については、売上高が前期比1.1%減の1043.73億円、営業利益が同4.6%減の71.66億円、経常利益が同4.8%減の73.54億円、当期純利益が同6.5%減の48.84億円を予想している。通期予想は16年10月24日公表の連結業績予想を据え置きとしている。


<TN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

FXなのにリスク抑えめの「シストレ」 6か月で50万円以上の利益
円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。