マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】7日の米国市場ダイジェスト:ダウは37ドル高、主要企業決算を好感

2017年2月8日 7:40

■NY株式:ダウは37ドル高、主要企業決算を好感

NYダウ       ナスダック
終値:20090.29   終値:5674.22
前日比:37.87    前日比:10.66
始値:20107.62   始値:5674.86
高値:20155.35   高値:5689.60
安値:20068.68   安値:5664.82




7日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は37.87ドル高の20090.29、ナスダックは10.67ポイント高の5674.22で取引を終了した。堅調な主要企業決算に加えて、12月貿易収支で赤字幅が縮小したことが好感され、買いが先行。原油相場の下落に伴い、午後にかけて上げ幅を縮小したものの、昨日にフィラデルフィア連銀総裁が米景気に楽観的な姿勢を示し、トランプ政権が打ち出す政策が経済に与える影響を議論するには時期尚早としたことが下値を支えた。ナスダック総合指数は最高値を更新した。セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や食品・飲料・タバコが上昇する一方で自動車・自動車部品やエネルギーが下落した。

医療保険会社のセンティーン(CNC)は昨年買収を完了した同業のネットヘルスが業績に寄与し、決算内容が予想を上振れ、上昇。航空機部品メーカーのトランスダイム(TDG)は決算が好感され、堅調推移。また、これまでに好決算を発表したITサービスのIBM(IBM)や航空機のボーイング(BA)、携帯端末のアップル(AAPL)などのダウ構成銘柄にも買いが広がった。アパレルのマイケル・コース(KORS)は決算内容が嫌気され、大幅下落。自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)は予想を上回る決算を発表したものの、一部アナリストが通期の利益見通しの達成に懐疑的な見方を示し、軟調推移となった。

エンターテイメントのウォルト・ディズニー(DIS)はマーケット終了後に10-12月期決算を発表、一株利益は予想を上振れたものの、売上高は下振れた。時間外取引で下落して推移している。

Horiko Capital Management LLC


■NY為替:米12月貿易赤字縮小でドル売り一服

7日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円58銭へ上昇後、111円81銭まで反落し、112円39銭で引けた。12月の米貿易赤字は予想以上縮小したことから、ドル買いが優勢となった。ただ、その後発表された米雇用関連指標が予想を下回ったため、ドル買いはやや後退した。

ユーロ・ドルは、1.0663ドルから、1.0706ドルまで上昇し、1.0683ドルで引けた。ドイツ連銀のバイトマン総裁が「インフレが許せば、ECBはできるだけ速やかに緩和策を終了する必要がある」と指摘したため、欧米金利差の拡大観測は後退し、ユーロは下げ渋った。ユーロ・円は、119円65銭まで下げた後に120円13銭まで戻した。ポンド・ドルは、1.2352ドルから1.2546ドルまで上昇。英中央銀行MPCのフォーブス委員は「近いうちに利上げが必要になる可能性がある」と指摘したため、ポンドの買戻しに拍車がかかった。ドル・スイスは、0.9996フランから0.9956フランまで下落した。


■NY原油:続落で52.17ドル、米在庫の増加を警戒

NY原油先物は続落(NYMEX原油3月限終値:52.17↓0.84)。51.82ドルから53.24ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。米エネルギー情報局(EIA)による週間在庫統計の発表を控え、市場では原油在庫やガソリン在庫の増加が警戒視され重しとなった。また、為替市場でユーロへの警戒などに伴うドル買いが進んだことも影響し、原油は割高感が意識された。

チャートでは、25日移動平均線(52.7ドル水準)レベルを割り込んでいる。11月24日安値42.20ドルを起点に下値を切り上げていたが、昨年来高値55.24ドル更新手前で上げ一服。トランプ大統領による政策運営への警戒感などから、リスク資産への積極投資は手控えられているもよう。


■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  22.90ドル -0.22ドル(-0.95%)
モルガン・スタンレー(MS) 44.87ドル +0.24ドル(+0.54%)
ゴールドマン・サックス(GS)239.62ドル -0.36ドル(-0.15%)
インテル(INTC)      36.35ドル +0.08ドル(+0.22%)
アップル(AAPL)      131.53ドル +1.24ドル(+0.95%)
アルファベット(GOOG)   806.97ドル +5.63ドル(+0.70%)
フェイスブック(FB)    131.84ドル -0.22ドル(-0.17%)
キャタピラー(CAT)     93.31ドル +0.44ドル(+0.47%)
アルコア(AA)       37.97ドル +0.22ドル(+0.58%)
ウォルマート(WMT)     66.89ドル +0.49ドル(+0.74%)
スプリント(S)       8.34ドル -0.02(-0.24%)




<SK>

fisco
1年で資金100⇒400万円の実績も! 自動FX「フルオート」
トランプ大統領の発言や行動で、為替相場が荒れることも、しばしば。取引に一苦労している人も多いだろうが、FX自動売買の「フルオート」に至っては「ほぼお任せ」だから関係ないのだという。最新のFX自動売買「フルオート」を解説する。 <続きを読む>
保有すれば年間30万円以上の金利収入も! FXスワップ術
コツコツ毎日金利収入を見込めるFXスワップ投資。2000年代前半に一世を風靡した投資法が、最近になって再注目されている。今から始める人はまず、この記事で投資方法を確認してみてはいかがだろう。 <続きを読む>
  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。