マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】欧米為替見通し:カナダドル・円は下げ渋り、原油価格の高値圏維持が下支え

2017年2月8日 17:25

今日の欧米外為市場では、カナダドル・円は下げ渋る展開を想定したい。欧州政治リスクを背景に市場センチメントが悪化するなか、原油価格が高値圏での安定推移が続けば、カナダドルは下値の堅い値動きとなりそうだ。一方、ドル・円は、10日の日米首脳会談に向けての思惑から、上値が重い展開が続くとみられる。

フランス大統領選に向け有力候補者のスキャンダルが相次いで報じられたことで、欧州連合(EU)離脱を掲げる極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首勝利に現実味が増し、欧州政治リスクとして嫌気されている。足元ではユーロ売りが強まる地合いが継続。ユーロ売り・ドル買いの影響でドル・円は上昇に振れる一面もあるものの、他の主要通貨は市場心理の悪化を反映し、対円では安値圏でもみ合う展開となっている。

このうち、カナダドルは底堅い値動きをみせている。米国のトランプ政権発足で北米自由貿易協定(NAFTA)見直しならカナダ経済へのダメージは甚大となるため、米国との協議の行方が注目される。欧州政治リスクのほか、目先の利下げ観測もあり、カナダドルには下方圧力がかかりやすい。ただ、足元ではNY原油先物が50ドル台前半の高値圏で安定的に推移しており、カナダドルの下げは限定的となっている。本日発表予定の米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)が材料になる。

また、前日発表されたカナダの12月貿易収支は+9.2億カナダドルとなり、2014年以来となる2カ月連続の黒字を記録。今晩は22時15分に1月住宅着工件数の発表があり、前回から下振れが見込まれるものの、予想内ならカナダドル売りにはつながらないとみられる。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・21:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:-3.2%)
・22:15 カナダ・1月住宅着工件数(予想:19.73万件、12月:20.7万件)
・03:00 米財務省10年債入札(230億ドル)
・05:00 NZ準備銀行が政策金利発表(1.75%に据え置き予想)



<SK>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

衆院選後の円安を狙うならリスク抑えめのFX「シストレ」は?
円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。