マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:1月乗用車販売は9.8%減の212万台、11カ月ぶりマイナス成長

2017年2月9日 16:37

今年1月の中国乗用車販売台数は、広義ベース(マイクロバスを含む)で前年同月比9.8%減の211万9447台に縮小した。2016年2月以来、11カ月ぶりのマイナス成長に転じている。前月比でも23.4%減少。小型車を対象とした減税幅の縮小に加えて、春節連休のズレによる営業日の減少が響いている(16年の旧暦元旦は2月8日)。全国乗用車市場情報聯席会が9日に報告した。
車種別では、SUV(スポーツ用多目的車)を除いて軒並み低調。セダンが17.8%減の98万9660台、MPV(ミニバン)が21.9%減の19万9907台、マイクロバスが28.4%減の4万4715台に落ち込んだ。一方、SUVは6.9%増の88万5165台に伸びている。セダン、MPV、SUVをあわせた狭義ベースの乗用車販売台数は、合計で9.3%減の207万4732台だった。
メーカー別の国内販売ランキング(狭義乗用車)は、上汽大衆が首位で17万6043台。2位以下には、上汽通用の16万3835台、一汽大衆の15万3180台、上汽通用五菱の13万7579台、重慶長安汽車の12万2491台、東風日産の10万7067台、北京現代の9万5018台、吉利汽車の9万1136台、長城汽車の8万1001台、長安福特の6万6158台が続いた。
生産台数は広義ベースで206万7445台。前年同月比で4.9%、前月比で21.7%ずつ減少した。狭義ベースでは201万9936台にとどまり、前年同月比で3.6%、前月比で21.8%縮小した。
中国政府は16年末で終了予定だった小型車減税策について、17年も延長することを決定。ただ、税率は5.0→7.5%に引き上げ、優遇税率の幅を縮小させた。18年からは法定税率である10.0%に戻す方針を示している。

【亜州IR】

<ZN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

衆院選後の円安を狙うならリスク抑えめのFX「シストレ」は?
円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。