マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】【中国】「ロス電力」の問題深刻化、甘粛省で風力エネルギー43%浪費

2017年2月12日 13:35

「棄電」(ロス電力)の問題が中国で再びクローズアップされている。2016年も発電設備の稼働を停止し、送電量を制限する「棄風限電」「棄光限電」「棄水限電」などが頻発した。政策の後押しでクリーンエネルギー発電容量が拡大する一方、送電インフラの整備が追い付いていないためという。中国経済網が8日に伝えた。

国家能源局の統計によれば、風力エネルギーを無駄にする「棄風」は、2016年通年で甘粛省が全体の43%、新彊ウイグル自治区が38%、吉林省が30%、内モンゴル自治区が21%など。太陽光エネルギーを無駄にする「棄光」は、西部エリアで平均20%に達したという。送電網の整備は、遅れが目立っている。

しかしながら、政府は再生可能エネルギーの開発に注力する方針だ。中国は国際社会に対し、一次エネルギー消費に占める非化石の比率を公約したため。2020年の約15%、30年の約20%を目指す計画を打ち出した。非化石エネルギー電源の発電容量に関しては、20年で7億7000万キロワット(kW)にまで拡大させる必要がある。15年末と比較し、2億5000万kWも増やさなければならない計算だ。

国家発展改革委員会が先ごろ発表した「再生可能エネルギー発展の第13次5カ年計画」によると、中国政府は第13次5カ年計画の期間中、総額2兆5000億人民元(約40兆9700億円)を再生可能エネルギーの発展に投資する。

この投資額は、前5カ年計画を39%上回る規模。うち水力に5000億人民元、風力に7000億人民元、太陽光に1兆人民元を投入する計画だ。発電容量については、水力で約6000万kW、風力で8000万kWの新設を進める。

15年末時点の再生可能エネルギー発電容量は、水力で3億2000万kW、風力で1億2900万kW、太陽光で4318万kWに達し、いずれも世界最大級の規模。再生可能エネルギーの発電量は1兆3800億kWhで、電力消費量の25%を占めた。

【亜州IR】

<SK>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。