マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今週の【JASDAQ市場】2月6日~10日『主力大型株への資金シフトで伸び悩み』

2017年2月12日 15:17


【週明けは材料株を中心に積極的な買い、アエリアが連日のストップ高】6日(月)

■概況■2872.72、+12.50
6日(月)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が反発、J-Stock Indexが続伸、JASDAQ-TOP20は続落となった。値上がり数は368、値下がり数は240、変わらずは75。前週末にかけて手仕舞い売り優勢だったJASDAQ市場だが、本日は中小型の材料株を中心に積極的な買いが向かった。JASDAQ平均は昨年来高値圏でのもみ合いが続いている。


◆注目銘柄◆
JASDAQ売買代金トップのアエリア<3758>が連日のストップ高となった。引き続き新規ゲームが期待材料となっている。DWTI<4576>は2日連続のストップ高比例配分で、大木ヘルスHD<3417>やエノモト<6928>もストップ高で取引を終えた。その他では、Nuts<7612>、ユビテック<6662>、メガネスーパ<3318>などが上昇。資本業務提携が材料視されたネクストジェン<3842>や決算が好感された日特エンジ<6145>などは10%を超える上昇となり、固定資産売却益の計上を発表したプロルート<8256>は4割強の大幅高となった。一方、アズジェント<4288>、サン電子<6736>、プラザクリエ<7502>などが下落。アグレ都市D<3467>、守谷商会<1798>、MKシステム<3910>は10%超の下げとなった。アグレ都市Dは第3四半期が営業減益で着地した。


--------------------------------------


【日経平均の下げ渋りで安心感、好業績銘柄などに値幅取りの動き】7日(火)

■概況■2875.16、+2.44
7日(火)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均は続伸、JASDAQ-TOP20が続落で、J-Stock Indexは反落となった。値上がり数は235、値下がり数は351、変わらずは102。JASDAQ平均は前日終値水準でスタートから小幅に上昇、その後はもみ合いとなった。日経平均が安寄り後に下げ渋る動きとなったことで安心感、一部の銘柄に値幅取りの動きが活発化する状況になったようだ。


◆注目銘柄◆
DWTI<4576>が3日連続のストップ高比例配分、大木ヘルスHD<3417>やエノモト<6928>も大幅続伸。SANTEC<6777>、ウイルプラスH<3538>などは好業績が評価される。朝日ラバー<5162>も前引け後に発表した好決算が買い材料に。プラザクリエ<7502>は急反発。半面、ユビキタス<3858>は赤字拡大見通しが嫌気され、アズジェント<4288>は信用規制の実施がネガティブ視される。プロルート<8256>は大幅反落、レイ<4317>、セプテーニHD<4293>も軟調。JASDAQ-TOP20では、ポラテクノ<4239>、アイサンテクノ<4667>がしっかり。一方、ユビキタス、セプテーニHDのほか、ザイン<6769>などが軟調。


--------------------------------------


【引けにかけて上昇、好決算銘柄などの一角には値幅取りの動き】8日(水)

■概況■2883.11、+7.95
8日(水)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が続伸、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexは反発となった。値上がり数は357、値下がり数は230、変わらずは89。JASDAQ平均は前場もみ合いも、後場入り後は引けにかけて上昇していく展開になった。日経平均が引けにかけて上げ幅を広げたほか、好決算銘柄などの一角には積極的な値幅取りの動きが向かった。


◆注目銘柄◆
引き続きスマホゲーム「A3!」を期待材料にアエリア<3758>が急伸。ARM<8769>は業績上方修正や増配が好感されて大幅高。DWTI<4576>もオプションライセンス契約締結で連日の急伸。ウイルプラスH<3538>も好業績評価で大幅続伸。ケイブ<3760>、イマジニア<4644>、アストマックス<7162>なども強い動きに。半面、セプテーニHD<4293>は10-12月期の減益決算が嫌気され、博展<2173>は下方修正で失望売り。大木ヘルスHD<3417>、朝日ラバー<5162>、プラザクリエ<7502>などは大幅反落。JASDAQ-TOP20では、メイコー<6787>、クルーズ<2138>、ユビキタス<3858>などがしっかり。一方、セプテーニHDのほか、フェローテック<6890>、インフォコム<4348>などがさえない。

--------------------------------------


【方向感定めにくく全般的に動意薄の展開に】9日(木)

■概況■2880.99、-2.12
9日(木)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20が反落、J-Stock Indexは続伸となった。値上がり数は319、値下がり数は266、変わらずは90。JASDAQ平均は前日終値を挟んだ狭いレンジでのもみ合いに終始した。日経平均が売り先行後にもみ合いとなる中、JASDAQ平均も方向感を定めにくい状況となった。好決算発表銘柄などには買いが優勢となったが、全般的に活発な値幅取りの動きは限定的であった。


◆注目銘柄◆
ALSOK<2331>との業務提携が伝わったエージーピー<9377>、トヨタ自<7203>と共同出願した特許の公開が材料視された高度紙<3891>、業績予想上方修正のサニーサイド<2180>などがストップ高まで買われる。遠藤製作<7841>も上方修正・増配が好感される。アエリア<3758>は大幅続伸で、ホロン<7748>、アイフリーク<3845>なども強い動き。半面、和井田<6158>は減益決算が嫌気され、ウイルプラスH<3538>、アストマックス<7162>などは反落。大木ヘルスHD<3417>、ユビテック<6662>などは続落。JASDAQ-TOP20では、ハーモニック<6324>、エン・ジャパン<4849>などがしっかり。一方、平田機工<6258>、田中化研<4080>などがさえない。

--------------------------------------


【主力大型株への資金シフトで高寄り後は伸び悩み】10日(金)

■概況■2888.57、+7.58
10日(金)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20が反発、J-Stock Indexは続伸となった。値上がり数は362、値下がり数は244、変わらずは85。JASDAQ平均は高寄り後にもみ合い、引けにかけてはやや強含んで取引を終えた。トランプ政権の政策期待が再燃する形で日経平均が想定以上に上昇、JASDAQ平均も買い先行となったが、その後は景気敏感株に資金がシフトする形となり、上値追いの動きは限られた。


◆注目銘柄◆
アエリア<3758>が連日の急伸となり、オールアバウト<2454>は業績上方修正でストップ高。NIC<5742>には決算再評価の動きが強まり、オンキヨー<6628>は4-12月期の営業黒字転換が好感される。アズジェント<4288>、アイフリーク<3845>、ガーラ<4777>なども強い動き。半面、ナガオカ<6239>や昭和真空<6384>は業績悪化が嫌気されて大幅安となる。サニーサイド<2180>や高度紙<3891>は反落で、アストマックス<7162>は続落。DWTI<4576>にも利食い売りが継続。JASDAQ-TOP20では、平田機工<6258>、セリア<2782>、マクドナルド<2702>などがしっかり。一方、クルーズ<2138>、田中化研<4080>などがさえない。

--------------------------------------



<SK>

fisco
意外と守備力が高い「FXシストレ」 6か月で50万円以上の利益
FXと聞くと、ハイリスク・ハイリターンというイメージが一般的だが、FXシストレを利用することで、リスクを抑えた取引をすることも可能。2017年の相場でもミドルリスク・ミドルリターンで、実績を残したシストレを紹介する。 <続きを読む>
投資歴8年男性 毎年平均60%の利益実現するFX運用術
「マネーポストWEB」内から、FXに関する記事を厳選。FX成功者の運用の極意を紹介する。 <続きを読む>
  • 取引全自動のFXシストレ 何もせず1か月で「5万円が13万円」になった経緯
  • FXなのにリスク抑えめ 半年で利益50万以上/最大損約6万円の「シストレ」 
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。