マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】今週のマーケット展望「イエレン議長の議会証言に注目」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(飯村真由)

2017年2月13日 14:19

こんにちは、フィスコリサーチアナリスト飯村真由の「マネックス証券の気になるレポート」です。

先週末にあった日米首脳会談を無事通過しましたね。今後の日米の動きが気になるところです。

さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、2月13日に配信されました。その中から今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。

まず、ここまでのマーケットの動きに関して、広木さんは、『先週末のNY株式市場は続伸。ダウ平均、S&P500、ナスダック総合はそろって史上最高値を更新した。日米首脳会談後の共同記者会見を受け、米国株は上げ幅を広げる場面があった。日米が通商・外交を巡って友好な関係を打ち出したと受け止めたからであろう』と伝えています。

日米首脳会談を終えて、気になる今週のマーケットの見通しについては、『注目イベントは14~15日に行われるイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の上下両院での半期議会証言だ。利上げの機運がトーンダウンしているがそれを打ち消すような発言がなされるか要注目だ。日米とも株式市場は楽観ムードが支配的になっているが為替市場ではドル円の頭が重い。米連邦準備理事会(FRB)は10日、タルーロ理事が今年4月5日をメドに退任すると発表した。ハト派~中立のFOMC投票権者が退任するのだから、ドル高要因であるのに市場はこのニュースに反応していない。いずれ修正を迫られるだろう。今週は年初につけた昨年来高値更新もあるかもしれない。レンジは19,000~19,700円としたい』との見解を述べています。

今週は昨年来高値の更新に期待したいところですね。
飯村真由の「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを飯村真由の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコリサーチアナリスト飯村真由



<SK>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。