マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日本マニュファクチャリングサービス—3Q営業利益は進捗率85%、通期計画の達成に向け4Qは堅調に推移する見通し

2017年2月13日 17:14

日本マニュファクチャリングサービス<2162>は10日、2016年3月期第3四半期(16年4-12月)決算を発表。売上高が前年同期比10.8%減の421.15億円、営業利益が同36.0%減の8.53億円、経常利益が同94.5%減の0.53億円、親会社純利益が29.8%減の1.66億円だった。前年度はパワーサプライ(PS)事業が買収後の史上最高益を記録したこと等の理由で、減収減益となっているが、通期計画に対し堅調に推移している。

セグメント別では、ヒューマンソリューション(HS)事業では、正社員化や福利厚生の充実等、採用力の強化とともに定着率向上で採用費を抑制した。製造請負事業においては、管理体制の強化を図り生産効率改善で収益向上に貢献。その結果、セグメント利益は前年同期比416.5%増の2.06億円と大きく伸びた。エレクトロニクスマニュファクチャリングサービス(EMS)事業では、中国経済の減速等により工作機械関連の受注減少の影響があったものの、これまで行ってきたTKR国内製造拠点統合等による構造改革及び他セグメントへの人員移行を実施したことで、セグメント利益は同34.8%減の1.4億円を確保した。PS事業は、EMS事業からの固定費移動の影響や、新規分野への製品投入端境期にあるため前年同期比で減収減益となったが、一部製造プロセスのグループ内リソースの活用や経費見直し等により、想定を上回る利益を確保。セグメント利益は同53.2%減の5.0億円となった。
なお16年9月末時点の為替相場影響を主とした営業外費用(為替差損)を計上したが、この差損は、12月決算の海外子会社において16年10月から12月の為替差益が見込まれることや、海外子会社への貸付金回収や資金調達におけるマルチカレンシー化等の取り組みを進めていることもあり、通期では改善する見込み。

2017年3月期通期については、売上高が前期比6.7%減の580.00億円、営業利益が同48.5%減の10.00億円、経常利益が同33.4%減の9.00億円、当期純利益が同59.8%増の6.00億円と期初計画の数値を据え置いている。

<TN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。