マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】アーバネットコーポレーション—2Qは投資用不動産が堅調に推移して増収増益

2017年2月14日 8:33

アーバネットコーポレーション<3242>は2月9日、2017年6月期第2四半期累計(2016年7-12月)の決算を発表した。売上高が前年同期比36.0%増の106.90億円(前年同期は78.59億円)、営業利益が同92.6%増の17.61億円(同9.14億円)、経常利益が同120.8%増の16.32億円(同7.39億円)、四半期純利益が同129.9%増の11.17億円(同4.86億円)となった。

不動産業界においては不動産価格の高騰が続き、特に東京における土地価格は住宅地・商業地・工業地とも上昇を続けている。2020年オリンピック・パラリンピックに向けて増加を続ける訪日外国人をターゲットとしたホテル業界の参入も依然として続いていることから、土地価格は当面上昇し続けるものと思われる。

同社グループの基軸事業である投資用ワンルームマンションの販売は、日銀による超低金利政策による下支えと、相続税対策強化に対応する節税対策としての投資用不動産購入を軸に、堅調に推移した。

2017年6月期通期の業績予想は、売上高が前期比1.7%増の180.00億円、営業利益が同14.7%増の23.00億円、経常利益が同10.4%増の19.00億円、当期純利益が同11.5%増の12.70億円とする期初計画を据え置いている。

<TN>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。