マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】SBSホールディングス—2016年12月通期決算は、当期純利益黒字化V字回復

2017年2月15日 15:22

SBSホールディングス<2384>は2月14日、2016年12月通期(2016年1-12月期)決算を発表した。売上高が前年同期比5.7%減の1490.54億円(前年同期は1579.96億円)、営業利益が同40.5%増の75.14億円(前年同期は53.47億円)、経常利益が同35.9%増の78.42億円(前年同期は57.72億円)、四半期純利益が51.18億円(前年同期は38.15億円の損失)となった。

事業戦略では、当連結会計年度に竣工、賃借した物流拠点で百貨店、大手スーパー、ドラッグストアより受託した3PL案件を立ち上げた。また、ユーザー誌、インターネットでの情報発信に努めることによりSBSブランドの強化を進め、新規営業案件の受託獲得に注力した。

投資戦略では、2月に横浜市磯子区に物流センター、続く3月には埼玉県所沢市に百貨店向け専用物流施設、10月には仙台市宮城野区に3温度帯対応物流施設がそれぞれ竣工した。一方、川越物流センターを売却することで投資資金の回収とバランスシートの改善を進めた。

これらの結果、売上高は国内物流事業及び不動産事業が伸張したが、大きく縮小した海外物流事業の影響により売上高は減少した。しかし、利益面においては、物流施設の売却、原油価格低下による燃料費負担の軽減、料金改定効果などにより利益率が増加している。

2017年12月通期の業績予想は、売上高が前期比0.6%増の1500.00億円、営業利益が同17.5%減の62.00億円、経常利益が同18.4%減の64.00億円、当期純利益が同21.8%減の40.00億円としている。

<TN>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。