マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】訪日外国人の「モノ消費」復活、関連銘柄は? SMBC日興証券(花田浩菜)

2017年4月20日 11:40

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

4月19日に発表された3月の訪日外客数は220.6万人で、前年同月比+9.8%と3月では過去最高数となったそうです。「モノ消費」も復活の兆しを見せているようで、関連銘柄などについて4/20付の「Daily Outlook」にまとめられているのでご紹介しますね。

まず、同レポートでは『訪日外国人関連は、「爆買い」ブームが去り、「モノ消費」よりも「コト消費」が注目されがちである。しかし、「モノ消費」に復活の兆しが出ている。百貨店免税売上高は、昨年4月以降、前年割れが続いていたが、12月にプラスに浮上した。2月の消耗品(化粧品、食料品等)売上高は、前年比58.6%増となり、統計開始後で最高を記録』と紹介しています。

続けて、『インバウンド関連銘柄(小売りや鉄道など74銘柄で構成される指数)の株価パフォーマンスは、2月半ば以降、対TOPIXで優っている』と伝えています。また、モノ消費の拡大は個別銘柄の動向にも感じることができる。小林製薬の医薬品やサプリメントのインバウンド需要の増加や、ドンキホーテの化粧品や医薬品を中心とした客数増加、またシーズHDがインバウンド需要を見込んで都市部のドラッグストア中心に出荷する化粧品が化粧品全体の売り上げ増加に寄与していることなどを挙げています。

また、「モノ消費」関連銘柄としてローソン<2651>やマツモトキヨシ<3088>、高島屋<8233>など全7銘柄が紹介されていますので、詳しくは4/20付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

<SI>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。