マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は4日ぶり小幅反落、ソフトバンクGが支えるもKDDIなど軟調

2017年4月20日 16:41

20日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり107銘柄、値下がり110銘柄、変わらず8銘柄となった。

日経平均は4日ぶり小幅反落。19日の米国市場でNYダウはIBMの決算や原油安を嫌気して118ドル安となり、為替相場も朝方は円高推移していたが、本日の日経平均は14円高からスタートした。国内年金によるアクティブ買いが観測され、前場には一時18523.40円(前日比91.20円高)まで上昇する場面があった。ただ、23日に予定されるフランス大統領選挙の第1回投票を前に引き続き外部環境の不透明感が意識されたほか、日本郵政<6178>の急落も投資家心理の悪化につながり、引けにかけて弱含んだ。

大引けの日経平均は前日比1.71円安の18430.49円となった。東証1部の売買高は18億4106万株、売買代金は2兆1592億円だった。業種別では、石油・石炭製品、電気・ガス業、鉱業が下落率上位だった。一方、銀行業、ゴム製品、輸送用機器が上昇率上位だった。

値下がり寄与トップはKDDI<9433>、同2位はテルモ<4543>となった。値下がり寄与上位には医薬品や食料品など前日買われた内需・ディフェンシブ関連セクターが目立ったほか、日立建<6305>やコマツ<6301>といった建設機械株も顔を出した。日経平均構成銘柄の下落率トップは昭電工<4004>で3.0%安、同2位は日立建で2.5%安だった。昭電工は本日引け後、延期している16年12月期決算発表を4月25日に行う予定と公表している。

一方、値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位はアドバンテ<6857>となった。アドバンテは一部証券会社が最上位レーティングでカバレッジを開始しており、4.5%高で本日の取引を終えた。日経平均構成銘柄の上昇率トップは東芝<6502>で5.3%高、同2位は明電舎<6508>で5.1%高だった。東芝は台湾・鴻海精密工業による半導体メモリー事業買収の提案内容が報じられ、明電舎は一部証券会社の新規高評価が観測されている。


*15:00現在


日経平均株価  18430.49(-1.71)

値上がり銘柄数 107(寄与度+78.62)
値下がり銘柄数 110(寄与度-80.33)
変わらず銘柄数  8

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄        直近価格 前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     7990   123 +14.03
<6857> アドバンテ       2013   87 +6.62
<7751> キヤノン        3483   90 +5.13
<8035> 東エレク       11815   95 +3.61
<7270> SUBARU         4010   91 +3.46
<6762> TDK           6550   90 +3.42
<6902> デンソー        4689   69 +2.62
<6758> ソニー         3571   65 +2.47
<7269> スズキ         4462   63 +2.40
<7203> トヨタ         5754   59 +2.24
<5108> ブリヂストン     4411   49 +1.86
<6988> 日東電         8135   47 +1.79
<7951> ヤマハ         3070   40 +1.52
<4021> 日産化         3285   35 +1.33
<6506> 安川電         2063   34 +1.29
<7267> ホンダ         3077   16 +1.22
<4452> 花王           6126   27 +1.03
<7272> ヤマハ発        2481   26 +0.99
<3405> クラレ         1706   26 +0.99
<6479> ミネベアミツミ    1505   23 +0.87

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄        直近価格 前日比 寄与度
<9433> KDDI           2861 -35.5 -8.10
<4543> テルモ         3855   -80 -6.08
<6954> ファナック      22190  -100 -3.80
<2502> アサヒ         4137   -96 -3.65
<4502> 武田           5214   -94 -3.57
<4578> 大塚HD         5023   -86 -3.27
<9735> セコム         7847   -80 -3.04
<9613> NTTデータ       5030   -70 -2.66
<6305> 日立建         2531   -66 -2.51
<6301> コマツ         2666   -56 -2.13
<4503> アステラス薬    1491.5   -10 -1.90
<9766> コナミHD        4495   -50 -1.90
<2801> キッコーマン     3280   -50 -1.90
<2802> 味の素        2103.5 -43.5 -1.65
<4704> トレンド        4675   -40 -1.52
<4324> 電通           6150   -40 -1.52
<2269> 明治HD         9420  -180 -1.37
<2503> キリンHD        2059   -35 -1.33
<4507> 塩野義         5555   -35 -1.33
<3382> 7&I-HD         4548   -31 -1.18

<AK>

fisco
月に数万円の配当も! NYダウに投資して高配当を得る
金利収入や配当金で、給料のプラスアルファがラクに貰えたら……、という人向けの投資がある。NYダウを“買い”、配当収益を得る方法だ。2017年に史上初めて2万ドル代に突入し、米国株式市場の好調さを象徴する「NYダウ」の投資術を紹介する。 <続きを読む>
1年で資金100⇒400万円の実績も! 自動FX「フルオート」
トランプ大統領の発言や行動で、為替相場が荒れることも、しばしば。取引に一苦労している人も多いだろうが、FX自動売買の「フルオート」に至っては「ほぼお任せ」だから関係ないのだという。最新のFX自動売買「フルオート」を解説する。 <続きを読む>
保有すれば年間30万円以上の金利収入も! FXスワップ術
コツコツ毎日金利収入を見込めるFXスワップ投資。2000年代前半に一世を風靡した投資法が、最近になって再注目されている。今から始める人はまず、この記事で投資方法を確認してみてはいかがだろう。 <続きを読む>
  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。