マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】スカラ Research Memo(7):ソフトブレーンの連結化により総資産が増加するも、財務の健全性は維持

2017年4月20日 16:29

■業績動向

3. 財務状況と経営指標
スカラ<4845>の2016年12月末の財務状況を見ると、総資産は前期末比6,390百万円増加の16,024百万円となった。主な変動要因はソフトブレーンを連結子会社化したことによるものとなっている。流動資産では、現預金で1,362百万円、営業債権及びその他債権で1,464百万円増加した。また、非流動資産ではソフトブレーンの子会社化に伴い、のれんが5,569百万円増加した一方で、エイジア<2352>の株式売却に伴い持分法で会計処理されていた投資2,800百万円が減少した。

負債は前期末比1,566百万円増加の7,287百万円となった。主な変動要因は有利子負債が2,055百万円増加し、営業債務及びその他の債務が635百万円減少した。また、資本は前期末比4,823百万円増加の8,736百万円となった。主な変動要因は親会社の所有者に帰属する四半期利益の計上により2,921百万円増加したほか、非支配持分が2,006百万円増加した。

経営指標を見ると、有利子負債が増加したもののM&Aの効果により自己資本が前期末から2,816百万円増加したことで、自己資本比率が40.6%から42.0%に、有利子負債比率が84.3%から79.6%にそれぞれ改善し、財務状況は健全な状態にあると判断される。ただ、総資産の約38%はのれん(6,108百万円)で占められており、その大半を占めるソフトブレーンの収益が今後悪化した場合には、減損処理による財務体質悪化のリスクがある点には留意する必要がある。有利子負債に関して今後は、徐々に削減していく考えを示している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。