マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ランチタイムコメント】日経平均は反発、底堅さ意識も次第に欧州のイベント待ちに

2017年4月21日 12:19

 日経平均は反発。159.32円高の18589.81円(出来高概算8億8000万株)で前場の取引を終えている。20日の米国市場ではNYダウが174ドル高となり、ナスダック指数は最高値を更新した。主要企業の決算が好感されたほか、政策期待の高まりから終日堅調な展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比100円高の18570円となり、これにサヤ寄せする格好から幅広い銘柄に買いが先行した。その後18600円を回復する場面もみられたが、狭いレンジでのこう着となり、日中値幅は60円弱にとどまっている。

 東証1部の騰落銘柄は値上り数が1500を超えており、全体の7割を占めている。セクターではガラス土石、海運、ゴム製品、証券、鉄鋼、輸送用機器、保険が堅調。一方で、サービスのみが小幅に下落している。売買代金上位では、任天堂<7974>、ソフトバンクG<9984>、メガバンク3行、トヨタ自<7203>、コマツ<6301>、SUBARU<7270>、ファナック<6954>が堅調。半面、ソレイジア<4597>、富士フイルム<4901>、東芝<6502>、ファーストリテ<9983>が冴えない。

 日経平均は緩やかながらリバウンドをみせてきている。ただし、仏大統領選第1回投票への警戒から、積極的なポジションは取りづらいところであろう。そのため、底堅さが意識されるものの、狭いレンジ内でのこう着感の強い相場展開が続きそうである。まずは欧州のイベント通過待ちとなるが、決算への期待感も膨らんできており、インデックス等の影響を受け難い中小型株の好業績銘柄への物色がみられてくる可能性はありそう。

 インデックスに絡んだ商いについては、低迷していた金融や輸出関連へのリバランスがみられるが、業績期待のところでは、米国の流れもあり、半導体関連などの関心も高まろう。
(村瀬智一)

<AK>

fisco
  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。