マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 外国株】21日の香港市場概況:ハンセン0.1%安と小反落、不動産セクターさえない

2017年4月21日 18:23

21日の香港市場は小幅に値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比14.96ポイント(0.06%)安の24042.02ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が6.15ポイント(0.06%)安の10050.02ポイントとそろって反落した。売買代金は611億2600万香港ドルに縮小している(20日は677億3000万香港ドル)。

中国金融当局の規制強化スタンスが懸念された。銀行や保険、証券の各監督機関はこのところ、影の銀行(シャドーバンキング)が抱えるリスクを抑制するスタンス。「理財商品」(高利回りの投資商品)の規模拡大を防ぐための施策を矢継ぎ早に打ち出した。住宅価格の上昇に歯止めがかからないなか、不動産規制の広がりも不安視されている。

ハンセン指数の構成銘柄では、不動産株の下げが目立つ。本土系の華潤置地(1109/HK)と中国海外発展(688/HK)がそれぞれ2.5%安、0.7%安、香港系の信和置業(サイノランド:83/HK)が1.7%安で引けている。本土系の保険株も値下がりした。

中国自動車セクターの一角もさえない。東風汽車集団(489/HK)が1.7%安、吉利汽車(175/HK)が0.7%安とそろって反落している。前日の相場では、19日に開幕した「上海モーターショー」を材料に買いが目立っていた。

半面、他の個別株動向では、半導体パッケージング・テスティング機器最大手のASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)が5.4%高と急伸。今年1~3月期の450%増益が材料視された。石炭大手のエン州煤業(1171/HK)も0.7%高としっかり。1~3月期の石炭販売量が25.3%拡大し、前年通期の16.4%減からプラス成長を回復したことがポジティブ材料だ。

アップル向けに部品供給する銘柄群も上げが目立つ。小型電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が3.6%高、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が0.8%高と続伸した。そろって上場来高値を連日で更新している。米アップルが今秋投入する「iPhone(アイフォーン)」の新機種について、機能やディテールが全面刷新されるとの観測が引き続き刺激材料となった。

本土市場は小幅続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.03%高の3173.15ポイントで取引を終えた。銀行株や保険株がしっかり。セメント株も買われた。半面、消費関連株やゼネコン株、軍需関連株などは値下がりしている。

【亜州IR】

<SK>

fisco
年間収益率20% コツコツFXを実現できる最新ツール
コツコツ投資のFXは、あるツールを使うことで実現できる。しかも取引は全部自動。自分ではやらない。FXもテクノロジーの力を借りることで、コツコツ投資は比較的手間なく実践できるようになった。 <続きを読む>
1年で資金100⇒400万円の実績も! 自動FX「フルオート」
トランプ大統領の発言や行動で、為替相場が荒れることも、しばしば。取引に一苦労している人も多いだろうが、FX自動売買の「フルオート」に至っては「ほぼお任せ」だから関係ないのだという。最新のFX自動売買「フルオート」を解説する。 <続きを読む>
保有すれば年間30万円以上の金利収入も! FXスワップ術
コツコツ毎日金利収入を見込めるFXスワップ投資。2000年代前半に一世を風靡した投資法が、最近になって再注目されている。今から始める人はまず、この記事で投資方法を確認してみてはいかがだろう。 <続きを読む>
  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。