マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は18000円、25日線レベルでの攻防

2015年10月15日 12:35

15日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は18000円、25日線レベルでの攻防
・ドル・円は119円00銭付近、株安懸念が後退
・前日急落の三住建設<1821>、洋ゴム<5105>は反発、旭化成<3407>は急落

■日経平均は18000円、25日線レベルでの攻防

日経平均は反発。138.21円高の18029.21円(出来高概算11億4000万株)で前場の取引を終えている。米株安の流れを受けて売りが先行し、寄り付き直後には17800円を割り込む局面もみられた。しかし、前日に300円超の下落となった反動もあり、売り一巡後はじりじりと切り返しをみせると、節目の18000円を回復してきている。

セクターでは医薬品、ゴム製品、サービス、その他製品、パルプ紙、情報通信、証券などが堅調。一方で、海運、繊維、食料品、保険、化学などが小安い。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1400を超えており、全体の7割を占めている。規模別指数は大型、中型、小型株指数がいずれも2ケタの上昇となり、中小型の強さが目立つ。

日経平均は再び節目の18000円のほか、25日線を回復してきている。5日線辺りが上値抵抗として意識されやすく、一先ず戻り一巡感が意識されやすい。もっとも、インデックスに絡んだ商いが中心であるため、先物等の動きに振らされやすい面はある。18000円処での底堅さが意識されてくるようだと、上げ幅を拡大させてくる可能性はありそうだ。

また、米国ではゴールドマン・サックス・グループ、シティグループ、ブラックストーン・グループなどの決算が予定されている。新規失業保険申請件数(先週)、消費者物価コア指数(9月)、ニューヨーク連銀製造業景況指数(10月)、フィラデルフィア連銀製造業景況指数(10月)なども控えており、これを見極めたいムードから、基本的には18000円処でのこう着になりそうである。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)

■ドル・円は119円00銭付近、株安懸念が後退

ドル・円は119円00銭付近で推移。日経平均株価が下げ一巡後、割安感などを背景に買われたことなどから、株安への警戒感が後退。リスク回避の円買いは観測されなかった。

ドル・円は119円00銭近辺で推移。日経平均株価は138円高で午前中の取引を終了した。リスク回避的なドル売りは縮小しており、上海総合指数は小幅高で推移していることから、ドルは底堅い動きを続ける可能性がやや高まっている。ドル・円は118円74銭から119円17銭で推移。

ランチタイムの日経平均先物は前日比80円高の18020円で推移している。出来高は2.3万枚と商いは引続き閑散。買戻し一巡後は18000円レベルでのもみ合いとなっている。なお、前場の東証一部売買代金は1.02兆円と現物市場も商いは少ない。

12時30分時点のドル・円は119円00銭、ユーロ・円は136円68銭、ポンド・円は184円19銭、豪ドル・円は87円46銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)

■後場のチェック銘柄

・KDDI<9433>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>が日経平均値上がり寄与度上位
・前日急落の三住建設<1821>、洋ゴム<5105>は反発、旭化成<3407>は急落
・医薬品が上昇率トップ、第一三共<4568>、協和キリン<4151>の上昇目立つ

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・13:30 8月第3次産業活動指数(前月比0.0%、7月:0.2%)
・13:30 8月鉱工業生産確報(7月:前月比-0.5%)

<海外>
・特になし

<SY>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。