マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:定年延長に向けて意見公募へ=人社部の尹部長

2015年10月15日 15:09

高齢化が加速する中国で、定年退職年齢の引き上げ議論が再び高まっている。当局の中国人力資源社会保障部も、この問題の研究を率先して進めてきた。草案を中央政府にまず提出し、承認が得られた場合は、実施に向けた意見公募の手続きに入る方針という。
中国人力資源社会保障部(人社部)の尹蔚民・部長は14日、中国の定年退職年齢が平均で55歳に満たない現状を指摘したうえで、段階的に見直すべきと発言。毎年数カ月ずつ延長し、合理的な水準に近づけていく必要があるとの認識を示した。一部のアフリカ国家を除いて、欧米先進国では65~67歳定年が主流になっていると紹介。平均寿命が大幅に伸びるなか、中国も定年延長に取り組む時期を迎えたと説明した。
退職年齢を男女とも満65歳に延長する方向で、同部が検討に入ったとされる。人口の高齢化、生産年齢人口比率の低下が背景だ。現行の退職年齢は、男性で満60歳、女性幹部で55歳、女性一般職員で50歳。これは1950年代に「労働保険条例」で定められた。ただ、中国全体の平均寿命が74歳に延びるなか、退職後の年金支給の財源確保が危ぶまれる状況となってきた。
すでに中国では、2013年から16~59歳の労働人口が減少に転じている。一方、60歳を超える高齢者の人口構成比率は15.1%(約2億1000万人)に拡大した。この比率は、20年に19.3%、50年に38.6%まで上昇する見通し。定年問題を放置しておけば、国の医療費負担が加速度的に膨らみ続ける危険性を孕む。
高齢者扶養率(生産年齢人口に対する高齢者人口の比率)も急ピッチに高まった。足元では、生産年齢人口3.04人で高齢者1人を養わなければならない。このままのペースで進行すれば、20年には生産年齢2.94人で、50年には生産年齢1.3人で高齢者1人を養わなければならなくなる。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。