マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】NYの視点:ドラギECB総裁が12月の追加緩和を示唆

2015年10月23日 7:13

欧州中央銀行(ECB)による追加緩和のバーは引き下げられた。マルタの首都バレッタでで開催された定例理事会で欧州中央銀行(ECB)は3つの金利、主要政策金利:0.05%(予想0.05%、前回0.05%)、中銀預金金利:-0.2%(予想-0.2%、前回-0.2%)、限界貸出金利+0.3%(予想0.3%、前回0.3%)を市場の予想通り、現行で据え置くことを決定した。しかし、数人のメンバーが本日の会合で、追加緩和の実施を主張したことがドラギECB総裁の会見で明らかになった。

ドラギECB総裁はさらに、経済やインフレの見通しリスクが下方であることを指摘。中国や新興諸国の経済鈍化で海外需要が減少し、回復が損なわれたと説明した。インフレリスクに警戒し、必要であれば行動するとの方針が示された。前トリシェ総裁のもとでは、「警戒」との文言は政策変更が近いことを意味していた。また、次回12月の会合で、金融緩和政策に関し「再検証が必要だ」と、追加緩和を示唆。様子見ではなく、必要とあればECBは行動する準備があると断固とした方針を示した。

9月会合時と同様に、計画通り2016年9月まで資産購入を実施するだけでなく、必要とあればそれ以降も量的緩和(QE)を継続する方針。追加緩和に関しては、量的緩和(QE)の規模、構成、期間の調整だけでなく、中銀預金金利の引き下げなど、「あらゆる政策手段に対してオープンである」と新たな方針を示した。一部で注目されていた中銀預金金利に関しても、委員会が追加引き下げを協議したことを明らかにした。マイナス0.2%の下限の公約が撤回されたことになる。

為替は政策目標とならないが、物価安定に重要との見解。インフレリスクの1つとして、ユーロ高を挙げた。域内輸出を抑制しインフレリスクとなるユーロ高を回避する姿勢と捉えられる。12月の追加緩和観測とともに、ユーロ売り材料となる。

<NO>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。