マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】カルナバイオサイエンス—連結子会社が東京大学と新規発光分子プローブ法に関する技術開発で共同研究契約締結

2015年10月23日 13:54

カルナバイオサイエンス<4572>は22日、完全子会社の(株)ProbeXが、東京大学大学院理学系研究科化学専攻、分析化学研究室(小澤岳昌教授)と、分子イメージングに応用可能な新規発光分子プローブ法に関する技術開発を目的とした共同研究契約を締結したと発表。

ProbeX社では、東京大学の小澤岳昌教授らのグループによって開発されたスプリットルシフェラーゼ技術を用いて、分子イメージング用プローブ試薬、細胞の研究開発を行っており、既に26種類の安定発現細胞株(GPCR 25種類、タンパク相互作用1種類)を販売している。スプリットルシフェラーゼ技術は、細胞内のタンパク質−タンパク質相互作用などをリアルタイムに可視化することができ、シグナルの伝達の解析に非常に有効とされている。

ProbeX社は、スプリットルシフェラーゼ技術をベースとして、様々な生体分子の相互作用に関する新規分子イメージングプローブの開発を目指し、東京大学の小澤岳昌教授と共同研究を開始する。本成果を医薬品の研究開発に活用することが可能となった場合には複雑な細胞内シグナル伝達を視覚的に解明できるだけでなく、これまでスクリーニングが困難であった標的に対する創薬研究を可能にでき、創薬効率の飛躍的な向上が期待されている。

<SF>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。