マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】システム ディ—17/10期2Qは各種ソリューション、サービス好調で大幅増収増益

2017年6月15日 16:40

システム ディ<3804>は13日、2017年10月第2四半期(2016年11月~2017年4月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比21.0%増の18.15億円、営業利益が同129.6%増の3.00億円、経常利益が同134.9%増の2.96億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同145.8%増の2.00億円となった。

公共向けソリューションを提供する新規2事業が業績を牽引した。公立小中高校向け校務支援サービスを提供している公教育ソリューション事業においては、県向けの複数の大型案件を予定通り受注した。都道府県立学校マーケットに加え、市町村立学校マーケットにおいても評価が高まっており、政令市を含めた市町村向け案件の受託数を大きく伸ばしている。
公会計ソリューション事業においては、地方公会計パッケージソフト『PPP(トリプル・ピー) Ver.5 新統一基準対応版』の販売が好調に推移し、業績を大きく伸ばした。府・県・政令市・特別区などの大規模自治体をはじめ、多くの市町村自治体・公共団体への納入を進めている。

先行事業の学園ソリューション事業においては、大規模総合大学から私立高校までのユーザから引き続き高い支持を得ており、安定した売上と営業利益を確保した。ウェルネスソリューション事業においては、従来からの主力商品である『Hello』の納品が順調に進んだ。更に保守・クラウド等によるランニング収入も増加した。
また、民間企業や学校法人向けに『規程管理システム』及び『契約書作成・管理システム』の開発・販売を行っているソフトエンジニアリング事業におきましては、ニーズにマッチした仕様とコストパフォーマンスが評価され、特にクラウドでの提供件数が増えている。金融機関向けに特化した『規程管理システム』についても、複数の金融機関へ納入することができた。

2017年10月期通期の業績予想は、売上高が前期比8.8%増の33.82億円、営業利益が同66.9%増の3.22億円、経常利益が同69.1%増の3.14億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同61.5%増の2.16億円とする期初計画を据え置いている。

<TN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。