マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】今年計3回の利上げ見通しを維持したFOMC、SMBC日興証券(花田浩菜)

2017年6月16日 11:37

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

FOMCの政策金利引き上げ決定により8年半ぶりに金利が1%台になりましたね。バランスシート縮小にも言及したことから、16日の黒田日銀総裁の会見にも注目が集まりそうです。6/16付けの「主要通貨デイリー」では、今年計3回の利上げ見通しを維持したFOMCについてまとめられていますのでご紹介します。

同レポートではまず、FRBの見解について『FRBは13~14日に開催したFOMCで、大方の予想通り政策金利の引き上げを決定した(FF政策金利:1.00~1.25%)。声明文では、米国景気は「緩やかに拡大している」との見解を表明。(中略)総じて、今回の声明文は、インフレ動向に一定の警戒を示しつつも、FRBは景気の先行きに自信を示したといえる』と分析しています。

続けて、『こうした中、FOMC参加者は「合計3回」との今年の利上げ見通しを据え置いた。経済指標がまだら模様を示す中、追加利上げにやや慎重姿勢が示されるとの見方もあったが、緩やかな景気拡大の継続を前提に年内もう一段の利上げは妥当との見解が示された格好となった。また、今回はバランスシート縮小の具体策も発表。縮小の年内開始を再表明するとともに、まずは米国債などの保有資産を月額100億ドルずつ減らし、減額幅を3ヵ月毎に増やしていく計画を示している』と伝えています。

最後に、今後の見通しについて、『FRBの追加利上げ見通しは「力強い米景気」ではなく「緩やかな拡大が続く米景気」を前提としたもの。その意味でも、今後の利上げは経済指標次第となる訳だが、年末までの利上げ期待が4割程度に留まる現在の市場の見方はやや慎重に過ぎると判断される。ドル円と相関の高い米長期金利(10年物)の2.10%までの低下(ザラ場)も行き過ぎの感が強い。ドル円一段の大幅下落の可能性は低く、米長期金利の反発と相まって徐々に切り返すものと予想している』と考察しています。

詳しくは6/16付けの「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

<DM>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

初めてのカードローン 会社を選ぶ基準は?
誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。