マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】注目銘柄ダイジェスト(前場):タカタ、資生堂、REMIXなど

2017年6月16日 11:36

タカタ<7312>: - 円( - 円)
8時20分から売買停止。民事再生法の適用申請に向けて最終調整に入ったとの報道を受け、売り物が殺到している。エアバッグの異常破裂問題に関し負債総額は1兆円超で、製造業の倒産としては戦後最大となる見込み。リスクは警戒されていたが、法的整理によるサプライチェーンの混乱などを考慮すれば、法的整理は免れるといった見方なども残っていたようだ。

日電硝子<5214>:806円(+54円)
急伸。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も615円から950円に引き上げている。LCD用基板ガラスを中心とする収益構造から、ガラスファイバ事業を業績拡大のドライバーとする構造へ転換し始めた効果を株価は十分に織り込んでいないと指摘。18年12月期営業利益は330億円を予想しており、市場予想の280億円超を大きく上回っている。

芦森工<3526>:272円(+68円)
急反発。タカタ<7312>が民事再生法の適用を申請と伝わったことで、一段とエアバッグの代替需要拡大に対する思惑が高まっているもようだ。もともと、同社は韓国とメキシコでエアバッグ本体の年産能力を19年までに8割増強する計画であり、改めて増産効果に期待が高まる形へ。本日はカネミツ<7208>なども同様の思惑から急伸する展開となっている。

すかいらーく<3197>:1659円(-60円)
大幅続落。同社株の3割超を保有する米ベインが保有株の一部を売却すると発表している。ベインでは3月にも約1割の株式を売却している。売出価格や株数は未定であり、海外の機関投資家向けに売り出すようだ。株式価値に変化はなく、既定路線でもあるとみられるが、需給面での短期的なインパクトが把握しきれない中、警戒感を反映する流れが先行している。

資生堂<4911>:3995円(+127円)
続伸で年初来高値を更新。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「売り」から「買い」に格上げ、コンビクション・リストに新規採用としている。目標株価は2500円から4600円にまで引き上げ。アジアでの競争力上昇によって、高価格帯製品とTR事業を牽引役とした爆発的な利益成長が予想され、それに伴い株価の割安感も強まったと判断しているようだ。

オロ<3983>:3325円(+255円)
急反発。1株につき2株の割合で株式分割を実施すると発表している。基準日は7月31日。株式の投資単位当たりの金額を引き下げることにより、より投資しやすい環境を整えるとともに、株式数の増加により株式の流動性を高め、投資家層の拡大を図ることを目的としている。株価は朝方に一時3400円まで上昇する場面があった。

REMIX<3825>:1660円(+210円)
大幅続伸し年初来高値更新。子会社のビットポイントジャパンが店舗決済サービスを拡充し、8月より仮想通貨「イーサリアム」の取り扱いを開始すると発表している。「イーサリアム」は15年7月にリリースされ、現在ビットコインに次ぐ主要仮想通貨へと成長しているという。また、取引が完了するまでの時間はビットコインよりもイーサリアムの方が短いため、利便性が高いとも指摘している。

テクノ・セブン<6852>:261円(+57円)
3日ぶり大幅反発。足元で急動意を見せていたが、本日はリリースを材料視する向きもあるようだ。同社グループのニッポーがパナソニック<6752>人材開発カンパニーと協力し、技術者向け教育用3Dプリンタ組立キット「遊作くんの組立キット」を商品化すると発表している。パナソニック人材開発カンパニーは今年度の研修プログラムに本キットを用いた研修を企画し、技術者の育成を図る。今後は工業高校など学校教育用への展開も検討する。

<DM>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。