マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【コラム【EMW】】【中国の視点】日系製薬会社、中国などアジア市場で拡張加速

2017年6月16日 10:22

日本の製薬会社が中国などアジア市場での拡張ペースを加速している。アジアでは生活水準の向上や運動不足に伴う生活習慣病の患者数が急増していることや、深刻な大気汚染の進行で呼吸系疾患が増加していることが背景にある。

第一三共<4568>は今年、中国拠点の生産能力を強化する計画で、せき止め薬や高血圧治療薬などを増産させる狙いがある。同社は、上海工場の拡大に約30億円を投入する方針で、生産能力を2016年の2倍まで引き上げる予定だ。

また、エーザイ<4523>も中国のバイオ製薬大手と潰瘍の治療薬の販売で協力する方針を示した。このほか、武田薬品工業<4502>は2016年の中国市場の医薬情報担当者(MR)数を2012年から40%増加させ、約1400人まで拡大させた。武田薬品は胃潰瘍や前立腺がんの治療薬などに注力している。

中国のほか、日本の製薬会社はインド市場にも力を入れている。中国と同様に生活水準の向上に伴う食生活の欧米化で生活習慣病患者が増加しているほか、大気汚染は中国より深刻な状態にあるためだ。

業界専門家は、中国の生活習慣病の治療薬に対する需要について、2021年までの市場規模が1700億米ドル(約18兆7000億円)になると予測。これは2016年から40%増加するという試算になる。海外の医薬品に対する薬品の審査や規制など市場拡大の障碍が存在しているものの、飽和する日本市場に比べ、中国市場の拡大余地がはるかに大きいと指摘されている。

<AN>

fisco

株/暮らしのマネー注目記事

【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
2017年後半は円安になるか 波乱相場ならシストレが有効
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。