マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 外国株】16日の香港市場概況:ハンセン0.2%高と反発、環境関連に買い

2017年6月16日 18:32

16日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比161.15ポイント(0.24%)高の25626.49ポイントと反発し、本土企業株で構成されるH株指数は38.74ポイント(0.37%)高の10384.89ポイントと3日ぶりに反発した。売買代金は798億4000万香港ドルにやや拡大している(15日の売買代金は764億1100万香港ドル)。

前日に急落した反動で買われる展開。昨日のハンセン指数は、下げ幅が今年3番目の大きさだった。指数が約3週間ぶりの安値となるなか、値ごろ感が着目されている。ただ、買い進む動きはみられない。本土株が安く引けたことなどが重しとなり、香港の各指数は終盤に入り上げ幅をやや縮小させた。

ハンセン指数の構成銘柄では、紙製サニタリー用品最大手の恒安国際集団(1044/HK)が1.3%高、本土最大手行の中国工商銀行(1398/HK)と中国政府系インベストメント会社の中国中信(CITICリミテッド:267/HK)、中国政府系デベロッパーの華潤置地(チャイナ・リソーシズ・ランド:1109/HK)がそろって1.2%高と上げが目立った。本土重複上場の中国工商銀行に関しては、本土A株が米MSCIの指数に採用されるとの期待もプラス材料。指数算出などの米MSCIは20日、新興国株指数に人民元建てA株を組み入れるかどうかを発表する予定だ。MSCIはこれまで採用を見送ってきたが、今回は組み入れられる可能性があるとの観測が流れている。

環境関連の公益株も物色される。インフラ事業の天津創業環保(1065/HK)が7.1%高、北京市政府系で下水処理大手の北控水務集団(371/HK)が3.7%高、水道供給と下水処理の中国水務集団(855/HK)が1.1%高と値を上げた。 

他の個別株動向では、モリブデン中国最大手の洛陽モリブデン集団(3993/HK)が6.9%高と急伸。同社は15日夜、海外鉱山(コンゴ民主共和国の銅・コバルト鉱床)の買収計画が中止された事実はないとする声明を発表。買収は完了していると改めて強調した。海外事業の拡大が再び材料視されている。

一方、本土市場は反落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.30%安の3123.17ポイントで取引を終えた。ゼネコンや建機などインフラ関連株が安い。自動車株も売られた。半面、環境関連株は急伸。金融株の一角や非鉄株なども買われた。

【亜州IR】

<CS>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

カードローンQ&A

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

銀行をお得に活用するワザ

誰でも持てる審査不要のVisaデビット「ジャパンネット銀行」
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。