マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】今週の【JASDAQ市場】6月12日~16日『売り先行でスタート、イベント通過後は大型株に関心集まり買い続かず』

2017年6月18日 12:07

【反落、バイオ関連銘柄には物色の動きも】12日(月)

■概況■3213.57、-14.29
12日(月)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20は反落、J-Stock Indexは続落となった。値上がり数は289、値下がり数は337、変わらずは72。利益確定の動きが先行し、JASDAQ平均は売り先行で取引を開始。寄り付き後も下げ幅を広げたが、前場中頃からは買い戻しの動きも一部で見られ、3215円付近でもみ合う展開となった。

◆注目銘柄◆
プラコー<6347>が上昇率トップ。ケア21<2373>は、上期の上振れ着地や通期純利益予想の上方修正が好感された。シンバイオ製薬<4582>、テラ<2191>などバイオ関連銘柄への物色も目立った。ダイケン<5900>は、戸建て住宅用の手動式宅配ボックスを今夏に本格販売すると報じられたことが手がかり材料となったもよう。イデアインター<3140>は、本日も好業績や好需給を背景に買いを集めたようだ。精養軒<9734>は、東京上野動物園の雌のジャイアントパンダ「シンシン」(11歳)が出産したと報じられたことから、思惑買いが向かった。その他、桜井製作所<7255>、ニューテック<6734>、ホロン<7748>、五洋インテックス<7519>などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------


【反発、テクノ・セブンやセーラー広告がストップ高】13日(火)

■概況■3218.79、+5.22
13日(火)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均は反発、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20は続落となった。値上がり数は333、値下がり数は284、変わらずは84。JASDAQ平均は売り先行で取引を開始。しかし、その後すぐにプラスに切り返すと、終日狭いレンジながら堅調な値動きとなった。

◆注目銘柄◆
テクノ・セブン<6852>がストップ高で上昇率トップ。年初来高値を更新したことで、短期資金を集めたようだ。セーラー広告<2156>も同じくストップ高で年初来高値を更新。従来無配としていた18年3月期の中間配当において、記念配当5円の実施を発表したことが好感された。ホロン<7748>は、半導体製造装置大手との取引などを期待材料視する動きか。ラクオリア創薬<4579>は、バイオ株の循環物色の流れ。こころネット<6060>は、昨年7月に公表した中期経営計画の数値目標を上方修正したことで、成長期待が改めて高まる展開に。プロパスト<3236>は、17年5月期業績の上方修正が材料視された。その他、買取王国<3181>、システム ディ<3804>、サンキャピタル<2134>、五洋インテックス<7519>などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------


【小幅に続伸、下落率トップはリバーエレテク】14日(水)

■概況■3220.39、+1.60
14日(水)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均は小幅に続伸、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20は反発となった。値上がり数は296、値下がり数は313、変わらずは90。13日の米国市場で、足元下落していたハイテク株に買い戻しの動きが広がった流れで、日経平均とJASDAQ平均は買い先行で取引を開始。しかし、買い一巡後はFOMCの結果を見極めたいとの思惑もあり、上げ幅を縮める展開となり、前日比1.60円高で取引を終えている。


◆注目銘柄◆
システムディ<3804>がストップ高で上昇率トップ。引き続き好業績を背景に物色が継続。日ダイナミク<4783>はストップ高で年初来高値を更新。政府が自転車活用推進本部の初会合を開いたと伝わっており、自転車関連銘柄として物色が向かったようだ。イデアインター<3140>は、一時1600円に乗せ上場来高値を更新(株式分割考慮後)。RIZAPグループ<2928>とマーケティング戦略の強化及び販売機会の最大化に関する協業方針について合意に至ったと発表したことが材料視された。また、パスポート<7577>などグループ各社にも物色が波及した。ザイン<6769>は、イメージセンサに直結可能なV-by-One HS新製品の量産を開始するとの発表が手がかり材料となったもよう。その他、ブロッコリー<2706>、野村マイクロ<6254>、RISE<8836>、川辺<8123>などが上昇率上位にランクイン。

--------------------------------------


【小幅に反落、ホロンがストップ高で上昇率トップ】15日(木)

■概況■3219.83、-0.56
15日(木)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均は小幅に反落、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20は続伸となった。値上がり数は224、値下がり数は391、変わらずは79。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。その後も上げ幅を広げたものの、急速にマイナスに転じる展開に。その後、売りが一巡すると大引けにかけてじりじりと下げ幅を縮める展開となった。


◆注目銘柄◆
本日から信用取引の日々公表銘柄に指定されているホロン<7748>がストップ高で上昇率トップ。ノムラシステム<3940>は終日強い値動き。ナガオカ<6239>は、スクリーン・インターナルを大口受注したとの発表が買い材料視された。第一カッター<1716>は、大幅反発で年初来高値更新。17年6月期末に1株当たり3.00円の記念配当を実施すると発表したほか、記念株主優待も実施することが好感される展開に。SDエンター<4650>は、一時ストップ高まで上昇し年初来高値を更新。連日RIZAPグループ各社に物色が波及しており、本日は同社に関心が向かったようだ。その他、プラコー<6347>、第一化成<4235>、IPS<4335>などが上昇率上位にランクイン。

--------------------------------------


【小幅反発、物色の流れは大型株に】16日(金)

■概況■3220.50、+0.67
16日(金)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均は小幅に反発、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20は反落となった。値上がり数は331、値下がり数は299、変わらずは65。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。しかし、本日は相対的に物色が大型株に向かったこともあり、買いが続かず上げ幅を縮めるとマイナスに転じる展開となった。なお、大引けにかけて小幅ながらプラス圏で取引を終えた。


◆注目銘柄◆
ネクストウェア<4814>がストップ高で上昇率トップ。後場にストップ高まで急伸。ブロックチェーン技術の開発を行うシビラと資本業務提携するとの発表で期待感が高まる展開に。テクノ・セブン<6852>は、同社グループのニッポーがパナソニック<6752>人材開発カンパニーと協力し、技術者向け教育用3Dプリンタ組立キットを商品化すると発表している。足元で急動意を見せていたが、本日はこのリリースを材料視する向きもあったようだ。アテクト<4241>は季刊誌の内容を材料視する向きもあったもようで、年初来高値を更新。エスプール<2471>は、EC物流、スマートメーター、障がい者雇用支援などへの期待感が高まる展開となった。DWTI<4576>は、出遅れバイオ株として物色が向かったもよう。その他、シンバイオ製薬<4582>、IPS<4335>、クロスキャット<2307>などが上昇率上位にランクイン。


--------------------------------------


<DM>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

初心者でも100万円が夢じゃない 取引全自動のFXシストレ超実践ガイド
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。