マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】大幸薬品 Research Memo(5):クレベリン製品のアライアンスが加速し、売上げ及びブランド強化に貢献

2017年6月19日 8:24

■成長戦略の動向

大幸薬品<4574>はクレベリンブランドを普及させるために他社と連携してきた。2017年3月期のアライアンス製品は4つに分類される。

1つ目は、「クレベリン×ベアブリック」である。世界中に多くのファンを獲得しているクマ型のフィギュア「ベアブリック」((株)メディコム・トイ製)の内部にスティックタイプのクレベリンを装着したもので、2016年10月に限定販売された後に人気となった。店頭陳列においてクレベリンのシェアを向上させる効果もあった。

2つ目は「クレベリン トイレの消臭除菌剤」である。アース製薬<4985>の資本業務提携契約に基づく共同開発製品第1弾で、クレベリンの消臭・除菌機能をトイレ用消臭・芳香剤に応用したものである。これまで消臭芳香剤市場には無かった、二酸化塩素で臭いの原因菌を除去する新しい製品である。

3つ目の「JOYPET×クレベリン ペットまわりの除菌・消臭 ゲルスプレー」である。アース製薬の子会社であるジョンソントレーディング(株)との共同開発製品である。犬や猫等のペットの衛生製品のトップブランドである「JOYPET」と「クレベリン」のダブルブランドで展開することで、クレベリンはペット関連売場に本格参入した。

4つ目は「クレベリンLED搭載家電製品」である。「クレベリンLED」 は2015年度より開始した事業で、電気的にオン・オフすることで、低濃度の二酸化塩素ガスの発生を制御できる装置であり、電化製品メーカーとのアライアンスで多様な電化製品への搭載が可能となった。当期はサーキュレーター等3機種のクレベリンLED搭載家電が発売された。

4つの取り組みは、すべてアライアンス先の販路や営業力、広告投資を活用した取り組みであり、2017年3月期末の認知度は49.9%(前期比5.5Pアップ)、売上貢献263百万円と成果として現れ始めた。いずれの製品も通年性の製品として、季節性インフルエンザの流行に左右されない販売施策になる。今後も同社は、他社や大学等の研究機関との連携を重視したアライアンス戦略を活用することで、二酸化塩素の啓蒙とクレベリンブランドの認知率向上を図り、二酸化塩素製品市場を拡大させる方針である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<TN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。