マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】TOKAI Research Memo(4):財務体質の改善と収益力強化が進む

2017年6月19日 15:03

■業績動向

3. 財務状況と経営指標
TOKAIホールディングス<3167>の2017年3月末の総資産は、前期末比808百万円増加の161,112百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産は同476百万円増加の38,594百万円となり、現金及び預金が同838百万円減少、在庫が同553百万円減少した一方で、売上債権が同1,532百万円増加した。また、固定資産は同342百万円増加の122,496百万円となった。減価償却の進展により有形固定資産が同1,417百万円減少したほか、のれんが同727百万円減少したが、保有株式の時価上昇等により投資有価証券が同2,196百万円増加した。

一方、負債合計は前期末比13,666百万円減少の104,665百万円となった。転換社債型新株予約権付社債の転換が進んだこと(7,200百万円減)や借入返済が進んだことで、有利子負債合計が同17,273百万円減少したことが主因となっている。また、純資産は前期末比14,475百万円増加の56,446百万円となった。配当金の支払いで2,158百万円の減少要因となったが、親会社株主に帰属する当期純利益7,337百万円の計上、及び転換社債型新株予約権付社債の転換により7,200百万円増加したことが主因となっている。

この結果、自己資本比率は前期末比で8.9ポイント上昇の34.5%に、有利子負債/EBITDA倍率は前期の2.9倍から1.9倍まで改善した。また、ROEも前期比6.9ポイント上昇の15.2%と大きく上昇した。同社は2011年4月の経営統合以降、財務体質の改善と収益力強化に取り組んできたが、その成果が顕在化した格好と言える。ちなみに、2011年3月末時点の有利子負債残高は124,036百万円、自己資本比率は7.7%の水準であり、この6年間で有利子負債は半分以下に、自己資本比率は4倍超に上昇したことになる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<TN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」「株」の記事をまとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。