マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】個別銘柄戦略:主力大型株中心の上昇に、米ハイテク株や金融株の上昇が支援材料

2017年6月20日 9:22

昨日、終値ベースでは6営業日ぶりに2万円を回復した日経平均だが、米ハイテク株や金融株の上昇が支援材料となり、主力大型株中心の上昇が見込まれる。インデックスに絡んだ売買が中心になるため、中小型株物色はやや手控えられる可能性がありそうだが、先高観が高まるなかでは活発な売買が期待される。

一方で、米MSCIは20日(日本時間21日)に中国本土株(A株)の指数採用の是非について発表する予定である。仮に決定がなされた場合、日本株からの資金流出は5000億円規模と見込まれている。実際の需給発生は1年後ではあるが、過去の経験則から発表後は短期筋の売り仕掛け的な動きが警戒されるだろう。警戒感が強まってくるようだと、主力大型株から中小型株に次第に資金シフトの可能性がありそうだ。

個別では強気格付けや格上げが観測されているところでは、デクセリアルズ<4980>、太平電<1968>、ベステラ<1433>、エイチーム<3662>、日立化成<4217>、トレンド<4704>、鹿島<1812>、清水建<1803>に注目。

<HT>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。