マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【コラム【EMW】】【中国の視点】日米欧中:「通貨戦争」に突入、新興国などもっとも被害受ける

2015年10月29日 8:10

欧州中央銀行が追加金融緩和の可能性を示唆した後、中国人民銀行(中央銀行)も先週23日、予告なしで政策金利と預金準備率の同時引き下げを発表した。また、年内の米利上げ観測の後退や、日本銀行が追加の金融緩和政策に踏み切る可能性があると予想され、日米欧中が「通貨戦争」に突入しているといわれている。

専門家は、この4つの国・地域ついて、債務が多いことと成長鈍化という同じような苦境に直面していると指摘。日本の国内総生産(GDP)に対する政府の負債残高比率が約200%という危険な数字まで拡大しているが、米国や中国も危険なレベルまで膨らんでいると強調した。全世界は大きいギリシャのようなものだと揶揄した。

日米欧中は通貨の切り下げなどを通じて輸出拡大やデフレリスクを緩和させようとしている。ただ、こうした通貨戦争が日米欧中をデフレリスクや成長鈍化の苦境から脱出させる効果が限定的だと分析された。

一方、韓国など経済規模が小さい国や新興国がこうした通貨戦争の被害をもっとも受けていると指摘された。経済規模が小さい国では自国の通貨安が輸出に寄与するものの、国からの資金流出リスクが高まるため、株式市場や不動産価格の下落を引き起こす。ただ、日米欧中に対抗することが困難であるため、こうした国々は安易に通貨戦争に参入できず、見守るほかないと指摘された。

<ZN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。