マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】「加工肉に発がん性」は非科学的、中国肉類協会が異議

2015年10月29日 13:50

ハムなどの加工肉に発がん性がある——と発表した世界保健機関(WHO)関連組織の見解に、中国の業界団体・中国肉類協会が異議を唱えている。「慎重さを欠き、かつ非科学的な見解」と指摘した。中国新聞網が28日付で伝えた。
WHOの外部組織である国際がん研究機関(IARC)は26日、ハムやソーセージなどの加工肉について、「発がん性がある」と発表。800件以上の研究論文を分析した結果、加工肉を毎日50グラム食べ続けると、大腸がんになるリスクが18%上昇すると指摘した。
一方、中国肉類協会の専門家はIRRCの発表について、「全世界の研究者の見解を代表しているものではない」と主張。「中国で最も加工肉を食べる習慣があるとされる四川省や湖南省で、他地域より大腸がんが多いという話は聞いたことがない」と反論した。むしろ肉類などの動物性たんぱく質を取らないと、免疫力の低下などにつながる恐れがあるという。
ただ、今回のIARCの発表によって、中国の食肉産業従事者が優れた製品づくりに取り組み、産業全体がレベルアップしていく——といったプラスの効果をもたらす可能性もあるとした。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。