マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(1):◆トランプカードは有効か◆

2017年7月16日 9:40


〇「トランプ孤立」は何処まで響くか〇

すっかり影が薄くなったが、欧米のエスタブリッシュメントが集まる今年のビルダーバーグ会議は6月1~4日、米バージニア州シャンティイーのマリオットホテルで開催された。会議は非公開で何が話し合われたかは分からないが、ここで決められた方向性が、G7やG20サミットで周知徹底される(今年は主要首脳の初顔合わせだったG7は5月だったので、先週終了したG20に関心が集まった)とされる。大立者のデヴィット・ロックフェラー氏が3月に亡くなり、以前のような影響力は既に無いとの見方もあるが、ウォッチャーによると、今年彗星のごとく現れ、欧州を平穏化させたマクロン仏大統領は14年からのビルダーバーグ・メンバーで、一定の影響力を保持していると考えられる。

ウォッチャーによると、今年の会議の主要テーマは「トランプ」だったそうだ。特に、温暖化対策の「パリ協定」離脱に批判が集まったと言う。トランプ政権から、ロス商務長官やマクマスター国家安全保障担当等が参加していたので、集中的に非難を受けた可能性はある。G20サミットで議長のメルケル独首相が「19:1」を宣告したのも頷ける。ただ、「トランプ孤立」は報じられたが、「トランプ追放」のような機運は見当たらなかった。「ロシアゲート」やメディアのトランプ攻撃はトーンダウンしている印象があり、弾劾説まで出ていたことを考えるとリスクは後退していると思われる。

トランプカードが逆に使われる可能性がある。端的に言えば、温暖化対策を中国やインドなどに強く迫る狙いが「19:1」に込められている可能性だ。仏環境相は「2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を終了させる」と発表。ドイツの環境保護団体ウルゲバルトは「中国企業約250社が世界各地で進められている約1600の石炭火力事業の半分に関わっている」とする報告書を発表した。「もし中国政府が本気で世界の気候問題で指導的役割を担いたいなら、国営企業の動きを抑える必要がある」と手厳しい。

トランプの保護主義を非難しながら、欧州自ら自由貿易に転換した可能性(欧州の貿易は関税ではなく、規制でかなり制限されている。例えば、カステラは元々は欧州からの伝播だが、卵・牛乳加工品と言うことで輸入は認められておらず、日本酒でも一升瓶や四合瓶は認められていなかった。「日本ワイン」も認められる可能性がある。日欧EPAはこれら一つ一つの壁を取り崩す作業が始まることを意味する)がある。二国間でもTPP11のような域内でも、実質的な自由貿易化を推進する必要性を改めて認知した可能性を追求したい。

G20声明で落ちた案件も注目される。ブレグジットと北朝鮮だ。既に課題推進の各論に入って、G20のような場で合意姿勢を見せる必要がない、あるいは利害対立が想定される局面に入っている可能性がある。ともにG7で謳っていたことと対照的だ。各論の進行が注目される。

今週の相場は、強めの米雇用統計(ADP民間雇用報告とは2回連続裏目)で7月上旬の売りが一巡した可能性が考えられる。米GSの格下げで電気自動車テスラ株が急落するなど、チグハグな面があるが、米10年物国債利回りは2.3856%まで上昇、米債強気派(米景気懐疑派)の手仕舞いが続く公算がある。日経平均はフシ目の20500円を目指した攻防を想定する。

以上


出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(17/7/10号)

<CS>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。