マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ムサシ Research Memo(4):3つの事業部門にわたり、M&Aメリットが期待される

2017年7月18日 15:15

■ムサシ<7521>の注目ポイント1:M&Aにより富士フイルム子会社の事業を買収

2. M&Aのメリット・シナジー効果
エム・ビー・エスの事業領域は、ムサシの事業部門で言うと、紙・紙加工品部門、印刷システム機材部門、及び情報・産業システム機材部門の3部門にまたがることになるが、そのそれぞれの部門で直接的なメリットやシナジー効果が期待されている。

紙・紙加工品部門においては、感圧紙の製造・販売機能を取り込むことになる。また、感圧紙については従来どおり、“富士フイルム”ブランドを用いて事業が展開され、これまでの商圏がきちんと確保されることになる。

印刷システム機材部門においては、新規商流によるビジネス拡大が挙げられる。前述のように洋紙事業の主要製品は感圧紙で、主な用途は伝票類だ。伝票類の印刷は“ビジネスフォーム印刷”と呼ばれ、印刷会社の中では特殊なセグメントとなっている。ムサシは印刷システム機材部門において印刷会社を顧客として印刷機械や消耗品等の取引を行っているが、この対象顧客はカタログやチラシを主体とする“商業印刷”のセグメントであった。今回のM&Aによってビジネスフォーム印刷のセグメントにアプローチができるようになり、新規顧客向けに印刷システム機材の拡販を図ることが可能になる。

情報・産業システム機材においては、同社は感熱式拡大プリンターの開発・製造・販売機能を取り込むことになる。これまでムサシは製品を仕入販売してきたが、今後は製販一体となった新製品開発や販売が期待される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<MW>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。