マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】サンコーテクノ Research Memo(9):2018年3月期は増収増益予想。ファスニング事業の土木向け売上に注目

2017年7月18日 16:19

■今後の見通し

2018年3月期についてサンコーテクノ<3435>は、売上高16,300百万円(前期比5.2%増)、営業利益1,200百万円(同6.7%増)、経常利益1,190百万円(同6.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益800百万円(同1.1%増)と増収増益を予想している。

ファスニング事業では売上高12,493百万円(前期比5.3%増)、営業利益1,645百万円(同6.4%増)を予想している。金属系あと施工アンカーでは、現場・ユーザーへの営業強化により、前期比増収を見込んでいる。接着系あと施工アンカーでは、太陽光関連は低迷が続くという前提のなか、無機系インジェクションタイプの「サイズミックエコフィラー」の拡販などで前期並みの売上高を狙っている。各種工事関連では、同社独自工法による耐震補強工事などの受注増により増収を計画している。

前述のように、2017年3月期第4四半期においてファスニング事業の売上高は前年同期比でプラスに転じた。足元もその勢いは継続しているもようで、2018年3月期第1四半期も前年同期比プラスを維持することが期待される状況だ。

機能材事業では売上高3,806百万円(前期比4.6%増)、営業利益474百万円(同6.8%増)を予想している。FRPシートは環境配慮型の特長を活かし、食品工場等へも用途を拡大して増収を目指す計画だ。電動油圧工具は前期に引き続き海外販売増による増収を予想している。アルコール測定器はクラウドサービスの本格展開に加え、過去に販売した機器のメンテナンス・サポートによる収入増を計画している。

弊社では2018年3月期の注目点としてファスニング事業における、土木分野向け売上の動向を挙げたい。同社は2年ほど前から土木分野におけるあと施工アンカーの利用促進に取り組んできた。過去2年間の営業努力を経て、いよいよ需要が具体化してくるタイミングが2018年3月期ではないかと期待される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<NB>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

FXなのにリスク抑えめの「シストレ」 6か月で50万円以上の利益
円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。