マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】11時00分時点の日経平均は3日ぶり反落、ゲンキーや安川電が上昇率上位にランクイン

2017年7月21日 11:10

11時00分現在の日経平均株価は20098.61円(前日比45.98円安)で推移している。20日の米国市場では原油価格の下落やホームセンター株安が響き、NYダウは28ドル安となった。為替市場では、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の発言を受けたユーロ買いに連れて円相場も強含み、本日の日経平均はこうした流れを受けて54円安でスタートした。寄り付き後は好業績株や決算期待の高い銘柄を中心に買いが入り、日経平均は下げ渋る場面も見られたが、足元では戻り一服となっている。

個別では、売買代金トップの任天堂<7974>が小高いほか、出光興産<5019>、レナウン<3606>、キヤノン<7751>などが堅調。キヤノンは業績観測が報じられている。第1四半期決算と業績予想の上方修正を発表した安川電<6506>が商いを伴って急伸しており、ファナック<6954>、三菱電<6503>、SMC<6273>などのFA(工場自動化)関連銘柄にも買いが向かっている。また、決算発表のゲンキー<2772>も大きく買われ、安川電とともに東証1部上昇率上位に顔を出している。一方、ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>、トヨタ自<7203>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>などがさえない。一部証券会社の目標株価引き下げが観測されたTDK<6762>は3%超安。また、Vコマース<2491>、インテージHD<4326>、H.I.S.<9603>などが東証1部下落率上位となっている。

(株式アナリスト 小林大純)

<HK>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。