マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】キャンバス—CBP501作用メカニズムに関する論文のOncotarget誌への掲載

2017年7月21日 13:23

キャンバス<4575>は20日、米国の有力な論文誌Oncotargetオンライン版に、開発中の抗癌剤候補化合物CBP501の作用メカニズムに関する論文が掲載されたと発表。2017年6月23日に掲載された論文に続き、2報めの論文掲載である。

この論文では、CBP501がマクロファージによる癌幹細胞増加作用や転移促進作用を抑制することを示した。
CBP501には、細胞周期G2チェックポイント阻害によるDNA損傷修復抑制作用、カルモジュリン阻害によるプラチナ細胞内濃度上昇を通したDNA損傷増加作用、カルモジュリン阻害による癌細胞の遊走・浸潤・上皮間葉移行阻害作用があることがこれまでに示されていたが、それに加えて今回、癌微小環境で癌の増殖を助けているマクロファージをCBP501が抑制することによって、癌幹細胞の増加や癌転移を抑制する作用が期待されることが示された。

同社は、このような有力な査読雑誌に相次いで掲載されたことは、CBP501の抗癌剤としての有望さを改めて客観的に示したと考えている。

<MW>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。