マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【マザーズ市況】マザーズ指数は3日続伸、週末でも堅調さ目立つ、直近IPO銘柄のソウルドアウトが急伸

2017年7月21日 16:25

 本日のマザーズ市場は3日続伸となった。前日比小幅高でスタートした後も堅調な推移となった。好業績株や決算期待の高い銘柄を中心に個別物色が入り、安寄りした主力処の下値の堅さが意識されると、値動きの軽いマザーズ市場の中小型銘柄での物色が強まる場面があった。その後は週末のポジション調整の動きに押されることなく、引けにかけても堅調な動きとなった。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で1232.04億円。騰落数は、値上がり124銘柄、値下がり100銘柄、変わらず16銘柄となった。
 売買代金上位では、直近IPO銘柄であるソウルドアウト<6553>のほか、アンジェス<4563>
やミクシィ<2121>、Gunosy<6047>などが上昇した。Gunosyは、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)による目標株価引き上げが好感された。一方で、サイバーS<3810>やイグニス<3689>、SOSEI<4565>などは売られた。なお、コロプラ<3668>と販売パートナー契約締結を発表したホープ<6195>のほか、メディアシーク<4824>やはてな<3930>は2ケタ上昇率上位にならんだ。はてなは、任天堂<7974>が21日発売したNintendo Switchソフト「スプラトゥーン2」のゲーム連動サービス「イカリング2」を共同開発したとの発表が好感された。

<SK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFX「トラリピ」が人気を集める4つの理由を解説
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。