マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】東京ゴムの投資家の手じまい売りが今年最高の変化 サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

2017年7月21日 16:10

フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。今日は東京ゴムについてレポートします。

レポートでは、20日時点での東京ゴムの投資家ポジションについて、『東京ゴムにおける昨日時点での投資家の買い越し枚数は、前日比1571枚減の2878枚となり、投資家の手じまい売りが今年最高の変化を示しました。そして、2営業日で2184枚の減少となりました』と伝えています。

続けて、ファンドポジションについては『東京ゴムにおける昨日時点でのファンドなど外国商品先物取引業者経由の売り越し枚数は、前日比1337枚減の452枚となり、ファンドの手仕舞いの買い戻しが今年最高の変化を示しました。そして、2営業日で2088枚の減少となりました』と伝えており、『こうした内部要因の劇的な変化は、トレンドの変化となる可能性もあります』とレポートではまとめています。

また、『投資家の多くが「値ごろ感」を重視する傾向もあることから、220円以上で割高に感じ、220円以下で割安に感じる投資家も多いようです』と投資家のポジションに関しては220円が節目となっていると分析しています。

加えて、レポートでは、『今週になって投資家ポジションやファンドポジションが劇的に変化したことにより、新たなトレンドが形成される可能性も高まってきました。ファンドポジションが昨日までの2営業日で劇的に変化し、昨日時点で452枚の売り越しですから、本日中か週明けには買い越しに転じる可能性も高そうです』と伝えております。「新たなトレンドが形成される可能性」をチェックしつつ、買い場のチャンスを探してみるのも一考かもしれません。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の7月21日付「天然ゴム市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子

<DM>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。