マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中印、対立続く 多数の中国軍戦車が国境に移動の情報も

2017年7月22日 11:55

 6月中旬から、国境問題をめぐって中国とインドの間で衝突が続いている。緊張が高まるなか、中国が最近、内陸部から軍や物資を調達しているといった情報は流れている。

 一部の報道によると、国境地帯の中国軍は約2万人で、インド軍は十数万人まで上った。中国のインターネット上で、インドと隣接チベット自治区に向かう多数の軍用車の写真が投稿された。真偽は不明。

 中国軍機関紙は7月17日、チベット軍区が今月中旬に実弾演習を行い、一万トンの軍用物資を国境近くの崑崙山付近に運搬したと伝えている。インドとの対立が続くなか、物資調達の真意を疑う声が出ている。 

 6月中旬、インドのシッキム州で双方の軍隊が摩擦を起こし、中国はインドの軍事施設2棟を破壊した。その後、国境で軍関係者による対話が行われたが、進展が得られなかったもよう。以来、緊張が続いており、米国政府は「対話による解決」を呼び掛けている。

 インドメディアは、インド洋での中国海軍の活動も最近活発になっている、と報じた。

 両国国境のほぼ全域がヒマラヤ山脈といった高山地帯で、境界線があいまいのため、50年代から紛争を繰り返してきた。1962年、本格的な軍事衝突まで発展し、優位に立った中国は国境をインド側に進めた。インドの要請で米国がインドの物資面で支援しはじめた直後、中国は戦闘行為の停止を宣言、自主的撤退を開始した。当時、「大躍進政策」の失敗で、国内経済が長期化する戦争に耐える状況ではなかったためと指摘されている。

(翻訳編集・叶子)

【ニュース提供・大紀元】

<FA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。