マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】インド準備銀行は仮想通貨の取引を念入りに監視

2017年7月25日 9:03

インド準備銀行(RBI)は、仮想通貨の取引を注意深く監視していると、インド準備銀行のアージット・パテル総裁は述べている。
アージット・パテル総裁写真出典:ja.wikipedia.org/
インド政府は脱税を阻止するために、複数の動きを見せている。政府は、現金の形で保管されている“黒いお金”を洗い流そうとして、2016年11月に高額の通貨の通用を廃止した。
それはモーリシャスのような租税回避地も厳しく取り締まり、インド議会は、腐敗と脱税に対する厳しい法律を成立させた。そして、政府は、現金取引に20万ルピー(約3000米ドル)の上限を課している。
インドでビットコインの人気が高まっていることを考えると、政治家はビットコインがマネーロンダリングに利用されるのではないかと、ビットコインに対しての関心を高めている。ビットコインは、高い需要と、国際取引所からの購入を困難にしている資本規制のために、インド市場ではプレミアムつきで取引されている。
貨幣を取り締まる一員として、大蔵委員会のメンバーは、仮想通貨による取引の増加に関心を高めており、インド準備銀行の総裁に対して、これらの取引の合法性に関する見解を求めている。
大蔵委員会のメンバーはまた、仮想通貨の取引のための資金源を確立することは困難であるから、マネーロンダリングの可能性を高めていると述べている。
クリット・サメーヤ氏写真出典:en.wikipedia.org/wiki/Kirit_Somaiya
インド準備銀行の総裁は、インド準備銀行が仮想通貨の取引を注意深く監視しており、内部の懲戒委員会が合法性を検討していることを議会委員会で述べた。
インドでは、仮想通貨の法的地位に関する議論は、2017年3月に始まった。議員のひとりであるクリット・サメーヤ氏が、ビットコインはネズミ講詐欺かどうか、マネーロンダリングに使用される可能性があるのではないかとの疑問を提起したからである。
インド準備銀行は、ビットコインのユーザーに定期的に、ビットコインの取引によるリスクについて警告しているが、ビットコインの合法性については明確なコメントはあえて避けていた。2017年4月、政府は、仮想通貨にとってすでに広まっている枠組みについての研究を行うための委員会を組織した。
出典:cointelegraph


【ニュース提供・エムトレ】


<FA>

fisco

株/暮らしのマネー注目記事

桐谷広人さんが伝授する株主優待の上手な選び方
【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

初心者も100万円越えを狙える!? FX複数口座のススメ
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。