マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ブライトパス・バイオ—iPS細胞由来の若返り抗原特異的T細胞に関する基本特許が国内で成立

2017年7月25日 14:11

ブライトパス・バイオ<4594>は24日、東京大学医科学研究所の中内啓光教授等の研究成果から生まれた、「抗原特異的T細胞の製造方法」が、日本国内において7月19 日付で特許登録になったことを東京大学と共同で発表した。本特許権者は東京大学。実施権者は、同社連結子会社のアドバンスト・イミュノセラピー。

本特許は、特定の抗原だけを攻撃するヒトT細胞(病原体やがんに対する獲得免疫の中心的な役割を果たす細胞)から、iPS 細胞を経て、再分化させて細胞を作り出し、元のヒトT細胞と同じTCR(抗原を認識して結合する分子)遺伝子の再構成パターンを有するT細胞の出現頻度を高くすることが技術的特徴。

近年がん免役細胞療法の一つとして、がん患者自身の血液中のT細胞を加工・培養して投与するT細胞療法の研究開発が進んでいるが、患者の血液から採取した時点、また体外で処理している時点でT細胞が疲弊して機能性が落ちるという問題を抱えていた。この問題に対し、本特許の発明により、一度iPS化を経ることで抗原特異性(多種多様な病原体に対して個別に対応できる能力)を保持したまま「若返った」T細胞の量産が可能となり、より治療効果の高いT細胞療法の創生や、新たながん免疫細胞療法のための製造技術の確立が期待される。

同社は、手術、放射線療法、化学療法に次ぐ、がんの「第4の治療法」としてがん治療の革新をもたらしつつある「がん免疫療法」の開発を行う創薬ベンチャーである。国内と米国で臨床試験を実施中のがんペプチドワクチンをもつほか、抗原特異的T細胞を iPS 化し再生させる新たなT細胞療法、また世界的に新規性の高いアプローチであるネオアンチゲン(腫瘍特異的遺伝子変異抗原)に関わる新薬を開発。2017年7月1日に、「株式会社グリーンペプタイド」から「ブライトパス・バイオ株式会社」に社名を変更している。

<MW>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。