マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】コラム【新潮流2.0】:動かない(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)

2017年7月26日 9:53

◆日銀による巨額の購入で国債市場が干上がって久しい。流動性が枯渇して、取引が成立しない日もある。そんなところに「イールドカーブ・コントロール」である。国債利回りを釘付けにするわけだから債券価格は動かない。これでは国債ディーラーの仕事はあがったりである。実際に、ディーラー職を削減しようという金融機関も出始めた。

◆株式のディーラーはとっくの昔に廃業の憂き目にあっている。東証の取引システム、「アローヘッド」が高速化し、いまや注文応答時間は 0.5ミリ秒未満。実際には猛烈な速さで価格は動いているのだが、人間の目にはまるで動いていないように見える。こうなると板にある「玉」をとらえて「1カイ2ヤリ」で売買してさやを抜くといった昔ながらのディーラーのやり方では機械に敵わない。なにしろ人間の視力では追いつけない速さなのだから。コンピュータによるHFT(高速高頻度取引)によってほとんどのディーラーは駆逐されてしまったのである。

◆ところがそのHFTもこのところリターンが出なくなっている。ひとつの理由はマーケットが波乱なく安定しているからだ。債券市場も株式市場もボラティリティは記録的な低水準にある。ボラティリティが低下すると取引量も減る。これは当たり前で、相場が動くからリターンをあげようと取引に参加するのである。動かないなら誰も取引しようがない。HFTが縦横無尽に稼げるのはじゅうぶんな流動性があってこそ。「板」がスカスカではHFTといえども、儲ける機会がないのである。

◆要は「動かない」のは人間にとっても機械にとっても困るのだ。流動性と変動性はマーケットの「空気」みたいなもの。「空気」がなくてはディーラーやトレーダーは息ができない。プレーヤーが窒息死してしまっては、マーケット自体が成り立たない。市場に「空気」を注入し、一刻も早くこの息苦しい相場を終わらせる必要がある。寝苦しい夜が続くが、熱帯夜は長くてもお盆過ぎには終わるだろう。相場のほうも8月下旬のジャクソンホールあたりが転機となりそうだ。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆
(出所:7/24配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)

<DM>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。