マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【相場概況】日経平均は小幅続伸、業績期待が株価押し上げ

2017年7月27日 15:31

日経平均は小幅続伸。注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明を受けて、米連邦準備理事会(FRB)のバランスシート縮小開始の時期に関して不透明感が広がったことから円高・ドル安が進み、本日の日経平均は23円安でスタートした。
ただ、決算が好感された銘柄に加え、業績期待の高い銘柄などに決算を先取りする買いが入り、日経平均は前場にプラスへと切り返した。後場には一時20176.39円
(前日比126.23円高)まで上昇する場面があったが、引けにかけて利益確定の動きも見られた。

大引けの日経平均は前日比29.48円高の20079.64円となった。東証1部の売買高は18億3716万株、売買代金は2兆5460億円だった。業種別では、その他製品が3%を超える上昇となったほか、精密機器、電気・ガス業が上昇率上位だった。一方、石油・石炭製品、銀行業、海運業が下落率上位だった。

個別では、売買代金トップの任天堂<7974>が7%超の上昇となった。前日発表した第1四半期決算が市場予想を上回った。日本電産<6594>も同様で5%超高。アドバンテス<6857>は決算を受けて売りが先行したものの切り返し、HOYA<7741>は取引時間中に発表した決算と自社株買いが好感された。その他、トヨタ自<7203>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、東エレク<8035>、アドバンテス<6857>などがしっかり。また、戸田工<4100>、日精線<5659>、沖電線<5815>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>
などがさえない。東芝<6502>は半導体事業売却の合意先送りで急反落。また、VOYAGE<3688>、レナウン<3606>、ユアテック<1934>などが東証1部下落率上位に顔を出した。

<HK>

fisco

株取引注目記事

桐谷広人さんが伝授する株主優待の上手な選び方
【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

初心者も100万円越えを狙える!? FX複数口座のススメ
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
【番外編】クレカのポイントで資産運用 元手ゼロ円から始める老後資金作り
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。