マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】ビットコインがVISAを通じて現実の価値を手に入れる

2017年7月29日 19:10


シンガポールにあるスタートアップは、ビットコインの実世界価値を高めるための答えがVisaカードであると考えている。
TenXは同社のウェブサイト上で「どこでもいつでも暗号通貨を使えるようにさせる」と述べ、デビットカードと銀行ライセンスの支援を元にビットコインを現実世界に結びつけると宣言している。
DealStreetAsiaによると、TenX社は、複数のデジタル通貨をドル、円、ユーロなどの法定通貨に変換する”瞬間的コンバーター”であると報告されている。TenXはビットコインなどのデジタル通貨を使った支払いをより容易にしようと試みており、同社はすでに10,000枚以上のカードを受け取っている。取引は年間2,000ドルで上限が設定されているが、顧客のさらなる検証によってこの上限を引き上げることは可能である。
TenXのデジタルウォレットとVisaカードに接続することで、ユーザーは、ユーザーの現地の通貨を使って簡単に買い物ができる。そして、その支払い金額はユーザーのデジタル通貨口座から引き落とされる。
TenXの共同設立者JulianHosp氏は次のように述べている
「あなたは昼と夜の2つの世界を混ぜ合わせています。ユーザーが暗号通貨を使った支払いをすると、即座にこの暗号通貨を法定通貨に切り換え、Visaに支払いを行います。」
現在、TenXは月に10万ドルのトランザクションを取り扱っているが、2018年までに同社は毎一ヶ月のトランザクションを1億ドル、そして、100万人のユーザーに達することを目指している。又、Hospによると、TenXは法定通貨と暗号通貨の両替手数料を取らず、そのトランザクションはすぐに処理されるという。

■TenXICO

6月に、TenXはICOの世界に加わり、トークンセールスで8,000万ドルを調達したと、同社はいう。イーサリアムの共同設立者であるVitalikButerinを支援を元に、Hospは次のように述べる
「最終的に提供したいことは、ユーザーがアプリ内で暗号通貨を両替することができるという機能です。もしこれを提供できれば、私たちはマーケットメーカーになることができ、多くの収益をもたらすことができます。」(出典:CryptoCoinsNews)

■エムトレの視点

法定通貨とのコンバージョンは、仮想通貨(暗号通貨)を現実世界とリンクさせること、及び仮想通貨を更に普及させる第一歩として必須のものである。その中でVISAカードを用いて、法定通貨利用者の中でもよりバーチャルに近い使い方をしているクレジットカードユーザーを対象とする狙いは悪くはないだろう。年間$2,000という現在の仕様上限を超えないとTenXの未来も明るいものとはならないだろう。


【ニュース提供・エムトレ】


<FA>

fisco

株/暮らしのマネー注目記事

桐谷広人さんが伝授する株主優待の上手な選び方
【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
2017年後半は円安になるか 波乱相場ならシストレが有効
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。