マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】立って眠るマッコウクジラ 見たことがありますか?

2017年7月30日 8:30

 海の生物たちは、どのようにして眠るのでしょうか?スイスのカメラマン、フランコ・バンフィ(FrancoBanfi)さんは、カリブ海の水深約20メートルあたりで、垂直に立って眠る10頭のマッコウクジラを発見しました。

 バンフィさんより以前、2008年にイギリスのセント・アンドルーズ(UniversityofStAndrew’s)大学の研究チームが、チリの北海岸で立って眠るマッコウクジラに出会ったことがあります。全長12メートル、体重50トン以上あるマッコウクジラは群れをなしており、縦の形で浮遊しながら約10〜15分間眠っていました。当時の発見により、マッコウクジラの睡眠スタイルが明らかになりました。 

 実は、マッコウクジラは半球睡眠(unihemisphericsleep)で眠ります。半球睡眠とは、左右の大脳がそれぞれ片方ずつ交代で眠る現象を言います。マッコウクジラの脳波を測ってみると、片方は覚醒時の脳波で、もう片方は睡眠時の脳波を示しました。研究チームの船が彼らに近づいても、眠っているマッコウクジラは微動だにしませんでした。その中の一頭に船がぶつかった時、クジラたちはようやく他の場所へ移動したそうです。

 マッコウクジラがなぜ立って眠るのかについてはよく分かっていませんが、呼吸するのにすぐ水面に出られるためだという説があります。一方、新江ノ島水族館のデータによると、マッコウクジラの最大潜水深度は3000mで、最大潜水時間は1時間38分。十数分の睡眠の合間に、呼吸するために水面に上がる必要はなさそうです。

 広大な海に棲息する生き物の生態は、まだ未知の領域です。マッコウクジラの睡眠スタイルの謎が解き明かされることを研究者たちに期待しましょう。

(翻訳編集・豊山)



【ニュース提供・大紀元】


<FA>

fisco

株/暮らしのマネー注目記事

桐谷広人さんが伝授する株主優待の上手な選び方
【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
2017年後半は円安になるか 波乱相場ならシストレが有効
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。