マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】【中国】アップルが駆動用バッテリー開発か、中国CATLと「極秘提携」

2017年7月30日 22:51

米アップル(AAPL/NASDAQ)が中国で自動車向け動力バッテリーの開発を進めているようだ。自動車用動力バッテリー中国大手の宇徳時代新能源科技股(本社:福建省宇徳市蕉城区ショウ湾鎮新港路1号、CATL)と極秘に提携。EV(電気自動車)向け駆動バッテリーの共同開発を進めているとされる。独自取材の内容として、中国紙の第一財経が21日付で伝えた。

アップルとCATLは、まったく関連性がないわけではない。CATLは、TDK(6762/東証)傘下の中国小型家電バッテリー企業であるアンペレックス・テクノロジー・リミテッド(ATL)の動力電池部門からスピンオフした企業だ。CATLの創業株主は、ATLの経営陣出身が多い。そのATLはアップル最大の電池サプライヤーという関係にある。

アップルは、以前からEVや自動運転車の開発に関心を示してきた。しかしその過程には紆余曲折がある。2015年に自動車開発計画「プロジェクト・タイタン」を始動させたものの16年10月、同プロジェクトの断念を宣言。自社単独製造を諦めて、自動車メーカーとの提携方式に切り替える方針を打ち出した。自動車というハードウェアではなく、自動運転向けのソフトウェア開発に専念する意向という。

しかし業界関係者は、「今回のCATLとの提携が事実であれば、アップルはやはり自動車本体の開発にも興味を持っている可能性が高い」と指摘。「自動運転EVの重要部品である動力バッテリー開発に参与するということは、アップルが自動運転車を自社製造するという野望を諦めていないことを意味する」と解説した。

一連の報道について、アップルとCATLはいずれもコメントを控えている。
自動車用バッテリーの分野で、CATLは急速にプレゼンスを高めている。足もとでは、パナソニック(6752/東証)、比亜迪(BYD:1211/HK)に次ぐ世界3位に位置する。中国化学・物理電源協会のまとめによると、BYDとCATLの自動車用バッテリー出荷量は、16年にそれぞれ7.4GWh、6.7GWhで国内上位2位。リチウムイオンバッテリーの同年販売収入はそれぞれ152億6000万人民元(約2505億円)、140億人民元とそろって100億人民元を超えた。これに深セン市沃特瑪電池、国軒高科、珠海銀隆新能源などが続く。一方、17年上半期に関しては、CATLが首位(動力電池の中国シェア20.98%)、BYDが2位(17.35%)で推移したという。

【亜州IR】

<CS>

fisco

株取引注目記事

桐谷広人さんが伝授する株主優待の上手な選び方
【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

初心者も100万円越えを狙える!? FX複数口座のススメ
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
【番外編】クレカのポイントで資産運用 元手ゼロ円から始める老後資金作り
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。