マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】JBR Research Memo(4):手元キャッシュが潤沢で財務の健全性は高い

2017年7月31日 16:00

■ジャパンベストレスキューシステム<2453>の業績動向

3. 財務状況と経営指標
2017年3月末の財務状況を見ると、総資産は前期末比136百万円増加の12,464百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では現預金が764百万円減少した一方で、売上債権が265百万円、その他の流動資産が644百万円増加した。また、固定資産は前期末比7百万円減少した。

負債合計は前期末比494百万円増加の7,384百万円となった。主な増減要因を見ると、有利子負債が163百万円減少した一方で、前受収益及び長期前受収益が475百万円増加した。会員事業において「あんしん修理サポート」「学生生活110番」「安心入居サポート」などの会員数が拡大したことに加えて、「安心入居サポート」では契約形態を月額分割計上方式に切り替えており、その影響で前受収益が膨らむ格好となっている。前受収益は将来に売上計上するものであり、「ストック収益」の位置付けとなる。このため、前受収益が増加傾向にあるということは、将来の売上増につながるためポジティブに評価される。

純資産は前期末比358百万円減少の5,080百万円となった。親会社株主に帰属する四半期純利益555百万円を計上した一方で、配当金の支払いで170百万円、自己株式の取得で592百万円の支出があったことが減少要因となった。

経営指標を見ると、経営の安全性を示す自己資本比率は前期末の44.1%から40.8%に低下したが、これは自己株式を取得したためで、この要因を除けば45%程度に上昇していた。一方、有利子負債比率については有利子負債の減少により前期末の15.8%から13.7%とここ数年減少傾向が続いている。手元キャッシュについては60億円以上と事業規模から比較すると潤沢にあると言え、財務の健全性は高いと判断される。同社では豊富なキャッシュを株主還元のほか、M&A資金などに積極的に活用していく方針としている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco

株取引注目記事

桐谷広人さんが伝授する株主優待の上手な選び方
【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

初心者も100万円越えを狙える!? FX複数口座のススメ
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
【番外編】クレカのポイントで資産運用 元手ゼロ円から始める老後資金作り
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。